普段の料理の中で、欠かせない野菜がいくつかあります。和食を中心によく使用する野菜といえば、「じゃがいも」がありますよね。肉じゃがやカレーで欠かせない食べ物になりますので、じゃがいもを使用する人は非常に多いでしょう。

 

料理のかさ増しにもなりますし、煮物でも焼き物でも美味しい食べ物になるため、僕も大好きな野菜です。ただ、時々がっかりとしてしまうことがあります。それは、買ってきたじゃがいもの中身が傷んでいること。

 

ほとんど無いのですが、じゃがいもを切ってみると、中身が変色していた!なんてことがあります。当時は、食べられるのか食べられないのかわからず、問答無用で捨てていました。

 

今回は、紫や緑に変色したじゃがいもは腐っているのか?また、じゃがいもの変色を防ぐ方法や、良いじゃがいもはどのような特徴があるのか?選び方についてもお話していきます。では、はじめていきましょう!

 

スポンサーリンク

じゃがいもの変色は腐っている?状況判断について解説

今回は、じゃがいもの変色に関して、緑色に変色している場合、紫色に変色している場合などを考えていきます。また、じゃがいもが腐っている状態なのは、どのような場合を指すのか?についても、この章で解説をしていきましょう。

 

じゃがいもが緑色に変色している場合

じゃがいもが緑に変色している...という場合があります。この変色の状態は、食べられる状態なのでしょうか?結論からお話しますと、緑色に変色したじゃがいもは食べることができません。

 

じゃがいもの芽に毒があるのと同じように、緑色になったじゃがいもに関しても毒を出しており、食べることが出来ないのです。食べてしまうと、お腹を壊したり、具合が悪くなることがありますので、注意しておきましょう。

 

“未来”
じゃがいもが緑に変色する理由って何?

 

じゃがいもが緑に変色するのは、日の光で化学反応を起こし、じゃがいもの毒素が発生してしまうから。じゃがいもの緑色の変色は毒素であるため、やはり食べることはできません。しかし、緑色のじゃがいもは、日の光を浴びているため、栄養価が最大限まで高まっている状態になります。

 

もし、緑色の部分が一部だけなのであれば、芽と同じように、その部分を取り除いて食べることができます。緑色に変色したじゃがいもは、他のじゃがいもよりも栄養価が高いため、デメリットばかりではないということですね。

 

 

じゃがいもが紫や黒に変色している場合

じゃがいもが紫や黒に変色している場合、食べることができるのでしょうか?じゃがいもを切ってみて、中身が紫や黒に変色している場合は、食べることは可能です。これは、じゃがいもの「酸化反応」が関係しています。

 

じゃがいもは酸化してしまうと、じゃがいもに含まれるアミノ酸の成分「チロシン」が、「メラニン」へと化学変化を起こします。メラニンはシミやソバカスの原因ともなる物質ですよね。じゃがいものチロシンがメラニンに変わることで、じゃがいもが紫や黒に変色するわけです。

 

ポリフェノールの褐変反応という変化を、聞いたことがありますでしょうか?じゃがいもにはポリフェノールが含まれており、これが紫色に変色させる理由となっているのです。

 

“未来”
紫になっても、食べられないかと思ってた!

 

紫や黒っぽい色になったじゃがいもは、普通に食べることができます。緑色への変色とは違い、紫や黒への変色は「酸化」しているだけです。つまり、毒素などはありませんので、安心して食べることができます。ただ、見た目から「傷んでいる」と感じてしまいますよね。

 

このように感じるのであれば、その部分だけを切り取り、残された部分を料理に使ってみましょう。なるべく、食材は捨てないようにしたいところです。

 

では、じゃがいもが腐っている状態とは、どのような場合か?

変色などは非常にわかりやすい例ですが、腐っているわけではありませんでした。緑に変色している場合は、食べられませんが、腐っているわけでも無いのです。では、じゃがいもが腐っている状況とは、どのような状況を指すのでしょうか?

 

  • 茶色の液体が出ている
  • 異臭がする
  • カビが生えている

 

このような状況だと、じゃがいもが腐っていると言えそうです。特に気をつけたいのは、見た目ではなく「臭い」ですね。異臭がする場合は、高確率で腐っている状態になります。また、じゃがいもから茶色の液体が出てきている場合などは、食べられない証拠でしょう。

 

カビが生えている場合なども、もちろん食べることができません。カビが生えている場合、カビの部分のみを取り除いても、食べることはできないでしょう。それは、他の部分にもカビの胞子が既に移っていて、まだ表面に出ていない状態なのです。

 

じゃがいもが「柔らかくなっている」状態は腐っている?

じゃがいもを触ると、柔らかくなっているという場合、腐っていると判断して捨ててしまう方も多いでしょう。しかし、じゃがいもが柔らかくなっている状態はまだ腐っているわけではなく、問題なく食べることが可能です。

 

じゃがいもが柔らかくなっているのは、中身の水分が抜けてしまっているからです。半分に切ってみて、色や臭いなどに問題がなければ、そのまま料理して食べてしまいましょう。

 

柔らかい状態を元の状態に直したい場合は、水につけると直ります。皮などが剥きにくい場合、水に付けてから調理を開始すると良いでしょう。

 

“未来”
じゃがいもが腐っているかどうか?は臭いでの判断が良いと思います!腐っていると、すぐにわかるほどの異臭を放ちますよ!

 

じゃがいもの変色や腐食を防ぐ!保存方法解説

続いて、じゃがいもの変色や腐食を防ぐための、保存方法について解説を加えていきます。まずは、腐食を防ぐため、基本的な保存方法について解説をしていきましょう。

 

じゃがいもの腐食を防ぐ!保存方法とは
・ダンボールや紙袋で保存
・涼しくて日の当たらない場所に保存
・長期保存の場合は「りんご」とともに保存

まず、ダンボールや紙袋に入れ、涼しく、日の当たらないに場所に保存するようにしましょう。実は、この方法は「緑色」への変色を防止する対策でもあります。

 

先程、じゃがいもが緑色に変色する場合について、解説をしました。緑色への変色は「日光に当たりすぎる」ことがポイントになります。日光に当たりすぎてしまうと、毒素を出すわけですね。そのため、暗い場所に保存する方法が、基本的なものになります。

 

 じゃがいもとりんごで....

もし、長期で保存することを想定しているなら、りんごと一緒に保存するようにしましょう。りんごから発生される「エチレンガス」が、じゃがいもの発芽を抑えてくれます。

 

黒や紫への変色を防ぐ保存方法

じゃがいもが紫や黒色に変色するのを防ぐなら、切った時点で「水」や「酢水」につけておく方法があります。紫や黒に変色するのは、酸化が原因であると確認しました。水や酢水に付けておくことで、じゃがいもが酸化するのを防いでくれます。

 

切ったじゃがいもは、早めに水につけておきましょう!

 

まとめ

今回は、じゃがいもの変色に関して、知識をまとめていきました。じゃがいもが変色するパターンはいくつかありますが、きちんとした保存方法を理解していれば、じゃがいもの変色は少なくなるでしょう。

 

ただ、要注意なのが、緑に変色した場合です。緑に変色している場合は、毒を持っているため、お腹をこわすなどの症状が現れる可能性が高いため、注意しておきましょう。では、それぞれの変色パターンや腐っているかどうかの判別方法に関して、まとめをしていきます。

 

今回のまとめ!
・緑に変色している場合
→腐っていないが食べられない
・紫や黒に変色している場合
→腐っていないし食べられる
・腐っている場合
→異臭・茶色の液体・カビが判断基準
・保存方法は、暗くて涼しい場所がおすすめ
・長期保存の場合は、りんごを入れておく

 

スポンサーリンク
おすすめの記事