地震大国、日本。東日本大震災が発生してから、人々の防災意識は大きく変わってきています。僕は、東日本大震災が発生当時、宮城県に住んでいました。幸い津波は来なかったのですが、毎日続く地震と被災生活で、大きなストレスを抱えていましたね。

 

東日本大震災後、防災に対する意識が変わったのは、東北の家庭だけでは無いと思います。しかし、まだまだ防災意識が不十分な方々は多いでしょう。

 

特に、「水」や「食料」に関しては、確実に揃えておきたいですね。では、防災を考えた時、水はどれだけ用意しておけば良いのでしょうか?今回は、水の備蓄に関して、一人あたりの必要量や一日でどれだけ消費するのか?について解説をしていきます。

 

スポンサーリンク

水の備蓄の必要量とは?一日1人当たりどれだけ必要か?

防災に欠かせない水分。人間の体は6割〜8割が水分で出来ています。そのため、脱水には注意しておく必要があります。ただ、水は必ず準備しておくといっても、どれくらい備蓄しておけば良いのか?がわからない方が多いようですね。

 

水の備蓄の必要量は、ある程度の基準があります。それが、「一日一人あたり3L」という数字です。これは、飲料水の必要量で、生活用水は別で用意します。一日当たり、3Lという必要量を見て、どのように考えたでしょうか?

 

「多すぎる!」と思った方も多いかもしれません。ただ、普段の水分補給に加え、料理のときにも水は必要になってきますよね。こういった飲料水全体で、1日3L必要になるわけです。防災の現場では、緊張やストレスから喉が乾きやすくなります。普段よりも水分を消費しますので、「万が一」に備えて、水の備蓄の必要量は決められているわけですね。

 

 

防災セットで水は何日分備蓄する必要があるのか?

問題なのは、「何日分」用意するかですよね。東日本大震災当時は、僕の住んでいた地域で5日間断水してました。防災番組や防災のプロの話を聞いていると、3日分〜7日分と備蓄の必要量は人によって違う意見を持っています。

 

東日本大震災を経験した、僕なりの意見をお話すると「5日分」の水の備蓄は必要になってくると考えます。これは、水の断水が5日間続いたという理由もありますし、3日分だと「水がなくなるのではないか」という不安感を持つ可能性があるからです。

 

大は小を兼ねるということわざもありますし、多く備蓄をしていても無駄になることは無いでしょう。ただ、7日間用意するとなると、相当な量になります。備蓄のスペースが限られている!という場合は、最低5日間分の水を用意するようにしましょう。

 

家族4人の場合の水の備蓄必要量とは?

では、例を挙げて水の備蓄の必要量を確認していきます。今回は、「1日一人あたり3L」の必要量とし、家族4人で5日間分備蓄の水を用意する例を用います。

 

一人あたり1日3Lとすると....
3L(1日一人あたり)×4人×5日間=60L

家族4人だと、60Lもの飲料水を備蓄しておく必要が出てきます。2Lペットボトルを30本用意する必要があるわけですね。かなりスペースを取るように思えますが、もしもの時生きるために必要な水なので、きちんと用意しておきましょう。

 

トイレ、体を洗うなどの生活用水はどうする?

では、トイレなどの生活用水の方は、どのように確保すればよいのでしょうか?こちらは、「必ずしも綺麗な水でなくとも良い」ということを確認しておきます。

 

東日本大震災のときは「井戸水」を組んできて、それを生活用水にしていました。井戸なんてどこにあるの?と思うかもしれませんが、地域ごとに井戸水を溜め込むスペースがあるようです。僕の地域は、小学校に大きな井戸が設けられており、そこで水の備蓄をしていましたので、トイレや体を洗う水はそこで調達していました。

 

ただ、注意したいのは、井戸水は綺麗な水ではないということです。はっきりいって飲料には適していません。「井戸水があるなら、ミネラルウォーターはいらない」と思わず、きちんと備蓄は行っておきましょう。

 

また、僕の地域では田舎だったため、井戸水がありました。都会だと、井戸水を確保できない可能性は十分にあります。もしもの時、飲料水だけでなく、生活用水をどのように確保するのか?も確認しておきましょう。その対策として、風呂の水を流さないという方法があります。防災の意識として、風呂には水を溜めておくことも重要です。

 

ここまでのまとめ!
①防災用の水は1日一人あたり3L必要
②水は5日分〜7日分用意
③生活用水の確保も忘れずに

 

防災の水に消費期限はあるのか?

飲料水ということで、当然消費期限はあります。大体の飲料水が3年〜5年で消費期限が来てしまいますので、定期的に入れ替える必要がありますね。

 

ただ、問題なのは、災害が起きた後に、水の消費期限が切れていることに気づいた場合です。断水が始まった後に、消費期限切れになっていることに気づいては、どうしよう無いと思うでしょう。

 

実際、消費期限が切れていても、水を飲むことは可能です。食べ物のように、腐ったりすることは少ないものですからね。しかし、劣化しているため、水に独特の匂いが付くことはあります。そういった場合は、水を煮立ててから飲むと、ある程度の匂いや風味を消すことは可能でしょう。

 

【防災知識】料理もできる石油ストーブ
震災や災害時、最も真価を発揮するのは「石油ストーブ」です。災害時、火が使えないときでも、石油ストーブがあれば水を沸騰させたり、料理を作ったりすることができます。水や食料などの防災セットに加えて、石油ストーブは絶対に用意しておきましょう。(震災のときは、父親にカレーを作ってもらいました)

 

消費期限を気にしない「ローリングストック」

もし、水や食料の消費期限が気になるのであれば、「ローリングストック」という方法で、備蓄をすることをおすすめします。ローリングストックとは、普段の買い物で多めに備蓄をしておくという方法になります。

 

普段から加工品や非常食を食べていると思いますが、そういった生活食料を「備蓄」と考える方法ですね。加工品を普段からストックしておき、生活の中で使った分を新しく買い足していく。このようなサイクルを回すことができれば、普段から新鮮な水、新鮮な食料を備蓄しておけるわけです。

 

最近の防災では、大量備蓄よりもローリングストックが推奨されています。食料を大量に備蓄しておくことよりは、普段の生活の中で消費→備蓄を繰り返すほうが経済的ですよね。

 

水のローリングストックでおすすめなのは?

水のローリングストックでは、ミネラルウォーターが使用されます。ここで、非常に便利なのは「ウォーターサーバー」です。震災以降、ウォーターサーバーを契約する方が増えたと聞きますが、実際に僕の実家でもウォーターサーバーを設置しました。

 

現在、僕は一人暮らしをしているのですが、数年前からウォーターサーバーを利用しています。なぜ、ウォーターサーバーがローリングストックにおすすめなのか?と言いますと、定期的にボトルを届けてくれるからです。いちいち水を注文するのは面倒ですし、ミネラルウォーターの箱はどうしてもスペースを取ってしまいます。

 

しかし、ウォーターサーバーのボトルは上手に作られていて、スペースを取らずに水を備蓄することができるのです。そして、そもそもウォーターサーバーが便利過ぎるという面もあります。自動的に熱湯が出てきてくれるので、お湯を沸かす必要がありません。

 

ローリングストックをお考えの方は、ウォーターサーバーで備蓄してみても良いですね。

 

水の保存方法はどうする?

ローリングストックを考えるにせよ、一般的な備蓄にするにせよ、水の保存場所はきちんと対策をしておく必要があります。結論からお話しすると、水は「様々な場所に分けて」保存するようにしましょう。

 

どうして、このような保存方法をとるのか?についてですが、例えば、家の一階の押入れに水を全て保存していたとします。もし、地震などの影響で、その押入れが開けられない!という状況に陥った場合、水を確保することができなくなってしまうのです。

 

そのため、リスクを分散させる考え方で、1階の押入れ、緊急持ち出し袋、2階のクローゼットの中という形で、分散して置いていきましょう。

 

ここまでのまとめ!
①水に消費期限はある(3年〜5年)
②水の消費期限が切れていても、煮沸して飲める
③ローリングストックがおすすめ
④水の保存場所は分散させる

 

まとめ

今回は、地震などの自然災害に対する防災対策として、1日一人あたりどれくらい水の備蓄が必要なのか?についてまとめていきました。基本的に、1日一人あたり3Lの水を用意しておくと安心です。

 

何日分という部分に関しては、人によって考え方が違うと思いますが、5日分がちょうどよいでしょう。最近は、新しい備蓄の方法として、「ローリングストック」という方法が推奨されています。備蓄の方法に関しては、きちんと知っておく必要がありそうです。

スポンサーリンク
おすすめの記事