「吉日」というものは、意外にたくさんあるものです。例えば、親しみ深い吉日に、「大安」がありますよね。カレンダーにも書いているような吉日で、結婚式や開業をこの日に設定するという方は非常に多いでしょう。

 

しかし、大安のようにわかりやすい吉日以外にも、運気を上げる吉日が存在します。今回紹介する吉日は、財布を購入したり、口座開設におすすめの吉日である「寅の日」です。寅の日は金運が上がりやすい日として、お金関連で何かを始めるなどに適した日でもあります。

 

今回は、そんな寅の日に関して、2018年はいつなのか?そして、寅の日が金運を上げると言われる理由、本当に財布や口座開設に適しているのか?などを解説します。また、他の吉日に関して、簡単に触れていきますよ。

 

では、はじめていきましょう。

 

スポンサーリンク

寅の日が金運を上げる?財布の購入や口座開設に適した理由とは

まずは、寅の日が金運を上げる理由や由来についてお話していきます。寅の日が金運を上げるとされた理由には、もちろん虎が関係しています。虎の「ことわざ」と「色」が、金運を上げるのに良いという理由付けになっているのです。

 

千里を走る

虎は1日で千里もの道を往復できる。「虎は千里往って千里還る」ということわざがあることをご存知でしょうか?虎は1日の間に千里を往復できるため、それに倣って「出費したお金もすぐに返ってくる」といういわれが出来たそうです。

 

財布の購入や口座の開設、宝くじの購入など出ていってしまったお金も虎のように戻ってくるという意味合いがあるようですね。この理由から、財布の購入や口座開設などをこの日に設定する人が多くなっています。

 

金運カラーである虎

もう一つ、寅の日が金運に良いとされる理由があるのです。その理由とは、虎の毛の色が「黒と金」という金運カラーだから。黒と金の縞模様は、金運に良いとされる色で、演技が非常に良い組み合わせなのです。この理由から、寅の日はお金関連の運気が上がるという風習が出てきました。

 

 【参考】寅の日に始めるべきではないこと

金運には強い寅の日ですが、寅の日に行うと縁起の悪い行事も存在します。その行事とは「結婚式」と「葬儀」です。

  • 結婚式:離婚につながる(元の家に戻ってくる)
  • 葬儀:故人がこの世に戻る

 

 

2018年の寅の日はいつ?この日に財布の購入や口座開設をしよう!

ここまでで、なぜ寅の日に財布の購入や口座開設の縁起が良いのか?についてお話していきました。虎の色やことわざによって寅の日が金運に縁起の良い日であることがわかりましたね。では、2018年の寅の日はいつになるのでしょうか?

 

2018年の寅の日がいつなのか?に加えて、大安の日と重なる日程について説明をしていきます。

 

寅の日、2018年はいつになる?
<1月>
10日(水)、22日(月)
<2月>
2日(土)、15日(木)、27日(火)
<3月>
11日(日)、23日(金)
<4月>
4日(水)、16日(月)、28日(土)
<5月>
10日(木)、22日(火)
<6月>
3日(日)、15日(金)、27日(水)
<7月>
9日(月)、21日(土)
<8月>
2日(木)、14日(火)、26日(日)
<9月>
7日(金)、19日(水)
<10月>
1日(月)、13日(土)、25日(木)
<11月>
6日(火)、18日(日)、30日(金)
<12月>
12日(水)、24日(月)

以上が、2018年の寅の日になります。寅の日は、12日周期でやってきます。お気づきかと思いますが、「十二支」でそれぞれに日が与えられていて、そのうちの「寅」の日に、金運がアップするというわけですね。他の干支で金運の良い日もありますので、そちらに関しては、後々お話していきます。

 

では、寅の日と大安が被る日はいつになるでしょうか?大安に関しても、もちろん縁起の良い日になりますので、2つの吉日が重なった日程で何かを始めてみてもよいでしょう。

 

2018年、寅の日と大安が重なるのは?
<1月>
22日(月)
<2月>
3日(土)、15日(木)
<3月>
無し
<4月>
無し
<5月>
22日(火)
<6月>
3日(日)
<7月>
無し
<8月>
無し
<9月>
19日(水)
<10月>
1日(月)
<11月>
無し
<12月>
無し

大安が重なるのは、以上の日程です。財布の使い始め、口座開設、宝くじの購入など何かを始めるには非常に良い日程です。寅の日と大安が重ならない月も多いですが、細かくチェックしておきたいですね。

 

 【参考】干支の日で金運に関係するのは?

寅の日以外で、金運に関連する人いえば「巳の日」があります。巳(ヘビ)といえば、「財布には蛇の皮を入れると良い」と言われるほどに、お金との関連が強い日です。寅の日と並んで、覚えておきたいですね。

 

一粒万倍日とは?寅の日と重なる日程もチェック

もう一つチェックしておきたいのが、「一粒万倍日」という吉日でしょう。こちらも大安に並ぶ吉日とされているため、重なる日をチェックしておきたいですね。

 

一粒万倍日とは、たった一粒の籾が万倍にも実り、素晴らしい稲穂になること」という豊作の意味も込めた吉日です。この日も合わせて覚えておくと良いでしょう。

 

寅の日と一粒万倍日が重なるのは?
3月11日、3月23日、4月4日

寅の日と一粒万倍日が重なるのは、以上の日程。この日は縁起が良いとされるため、何かを始めるには非常に良さそうですね。

 

金運アップする財布の中身と色選び

最後に、金運関連のお話で、金運がアップすると言われる財布の使い方、色選びについてお話していきます。寅の日や大安を選んで財布を新調しても、財布が金運を下げてしまうようなものだと意味がありません。金運を上げる財布の使い方を確認して、お金が戻ってくるようにしましょう!

 

金運を下げない財布の使い方

金運を上げる財布の使い方としては、以下のようなポイントを抑えておきましょう。

 

金運を下げない財布選び
レシートを入れっぱなしにしない
交通系ICカードは入れない
使わないカードはカードケースに入れる

 

レシートを入れっぱなしにしないようにするという項目は、基本中の基本。財布の中が汚いと散財しやすいと言われています。同じ理由で、使わないカード類は、きちんとカードケースにしまうようにしましょう。こういったカード類がバラバラだと、カードを探す際にも不便ですよね。

 

そして、交通系ICカードにも注目です。交通系ICカードは、「動」の意味合いを持っているものです。動の意味合いを持つものと財布に入れておくと、お金が動きやすく、その分散財しやすいと言われています。

 

金運を下げない財布の選び方

財布の選び方にも注目です。特に注目したいのは、財布の色でしょう。財布の色で「赤」や「青」を選んでいる方は注意が必要です。特に赤い色は、最も金運を下げる色として有名。「火」の性質があることから、お金とは相性が悪いということですね。

 

逆に、金運がアップする財布は、「金」や「黄色」、「ベージュ」、「ブラウン」などがあります。財布の選び方にも注意しながら、金運UPを目指しましょう!

 

まとめ

今回は寅の日に関して、2018年はいつ?という知識や、財布の購入や口座開設になぜ良いのか?をまとめていきました。寅の日に財布を購入したり、口座開設をすることは、金運的な面で縁起が良いことがわかります。

 

他にも、大安や一粒万倍日などとの兼ね合い、金運を下げない財布の作り方についても触れていきました。金運UPを目指して、良い環境を整えたいですね。

 

では、まとめをしていきましょう。

 

寅の日と財布の関係性まとめ!
<寅の日はなぜ金運が良くなる?>
・虎のことわざにちなみ、お金が「返ってくる」
・虎の毛の色は黒と金のストライプ→金運カラー
<寅の日に似た縁起の良い日>
・巳の日
・大安
・一粒万倍日
<金運を下げない財布の作り方>
・レシート類は入れない
・交通系ICカードは入れない
・使わないカードはきちんと整理する
<金運を下げない財布の選び方>
・赤や青の財布は避ける
・金、黄色、ベージュ、ブラウンがおすすめ
スポンサーリンク
おすすめの記事