今や、一般の乗り物として浸透した新幹線。長距離移動でも早く、楽に移動することができるため、無くてはならない交通手段となっています。通学、通勤手段として、毎日のように利用している方も多いのではないでしょうか?

 

そんな新幹線に関して、こんな疑問も生まれてきます。それは「新幹線の途中下車は可能なのか?」です。旅行で新幹線に載っていると、よく「途中で降りて、お土産を買いたいな」と思うものですが、電車と違って気軽に途中下車できるものでもありませんよね。

 

今回は、新幹線で途中下車は可能なのか?という疑問に関して、料金の返金や翌日の場合、改札内はOK?などの様々な疑問について、解説を加えていきたいと思います。では、はじめていきましょう。

 

スポンサーリンク

新幹線の途中下車は可能?改札内・改札外などシチュエーションごとに解説

では、さっそく本題に入っていきます。新幹線の途中下車に関するルールをまとめていきましょう。まずは、途中下車のシチュエーションに関して、「改札内」と「改札外」に分けて考えていきます。途中下車は可能か?をまとめた表を御覧ください。

 

シチュエーション 可否
改札内の途中下車
改札外の途中下車 ※条件付き

 

基本的に、新幹線の途中下車は認められているものになります。例えば、途中下車を「改札内」で行う場合は、乗車券、特急券ともに回収されず、お土産屋に寄ることも可能です。

 

そもそも、新幹線の途中下車とは「目的地までの中の途中の駅で降り、改札を出ること」を指します。つまり、改札内であれば、途中下車という扱いを受けないのです。

 

ただ、改札内の途中下車で注意したいのは、「指定席特急券」の場合でしょう。東京ー大阪で指定席を取り、名古屋の改札内で途中下車をした場合、特急券が回収されることはありませんが、指定席では無くなってしまいます。

 

もし、新幹線が出発する前に、名古屋の改札内で買い物をすることが決まっているならば、「東京ー名古屋」、「名古屋ー大阪」の2種類の指定席特急券を購入しておきましょう。

 

次に、改札外の途中下車について解説をしていきます。新幹線の改札外の途中下車は、基本的に認められています。しかし、これは条件付きになるため、次の章で詳しくお話していきます。

 

 

新幹線で改札外に途中下車する場合の注意点とは

新幹線で改札外に途中下車する場合、いくつかのルールが存在しています。新幹線において、途中下車が可能か?否か?に関しては、購入したきっぷの特徴によって、可否が変わってきますので、要注意です。

 

まずは、途中下車できる切符の種類について確認し、その後改札外でも途中下車をできる方法について、解説をしていきます。

 

<途中下車のルール②>

種類 可否
乗車券
特急券
割引乗車券

 

乗車券に関しては、区間内であれば何回途中下車をしても、切符を回収されることはありません。つまり、途中下車は可能というわけです。ただし、後戻りしている場合に関しては、無効となりますので注意しましょう。

 

問題となるのは、「特急券」の方です。新幹線は、乗車券と特急券を購入して乗ることができます。乗車券の場合は、途中下車しても切符が回収されませんが、特急券に関しては、途中下車をしてしまうと、切符を回収されてしまうのです。

 

特急券は本来、区間内を高速で移動できるという「特別料金」になっています。郵便の「速達」のサービスを思い浮かべていただけると、簡単に理解していただけると思います。「早く到着する代わりに、オプション代金をいただきます」というサービスなのです。

 

特急券は、改札の外に出てしまうと、自由席・指定席問わず切符が回収されてしまいますので、途中下車をすることはできません。ただ、購入の仕方によっては、「乗車券+特急券」となる新幹線でも途中下車をすることができますよ。

 

新幹線で改札外に途中下車をしたい!

今回は、東京から大阪に旅行に行く場合を想定します。そして、その途中の「名古屋駅」で途中下車をして、美味しい味噌カツを食べようという計画を考えました。この際、改札外に出て、味噌カツを食べることになりますが、「東京ー大阪」の乗車券、特急券を購入してしまうと、特急券が回収されてしまいます。

 

では、どのように新幹線の切符を購入すれば、途中下車が可能になるでしょうか?

 

途中下車をする時の切符の購入
・乗車券(東京ー大阪)
・特急券(東京ー名古屋)
・特急券(名古屋ー大阪)

この購入方法であれば、名古屋で途中下車をすることが可能になります。特急券に関して、東京〜名古屋間で一枚、名古屋〜大阪間で1枚購入しておくわけですね。名古屋で降りた場合、回収される特急券は東京ー名古屋のものだけになりますので、お金を無駄にすることはありません。

 

もし、名古屋で降りる必要が無くなった場合、「東京ー名古屋」の特急券で大阪まで行き、差額分を支払います。その後、「名古屋ー大阪」の特急券を払い戻し、返金して貰う形を取りましょう。

 

割引乗車券の場合は、途中下車をすることができない

先程、「乗車券」は何度でも途中下車ができるというお話をしていきました。しかし、特殊な乗車券の場合、そのほとんどが途中下車をすることができなくなってしまうため、注意しておきましょう。

 

途中下車できない乗車券とルール
<途中下車できない乗車券>
・回数券
・一部のトクトクきっぷ
<途中下車できないルール>
・片道の営業キロが100キロメートルまでの普通乗車券
・大都市近郊区間内のみをご利用の場合の普通乗車券

青春18切符や、金券ショップで購入したような乗車券に関しては、ほとんど途中下車出来ないので注意しましょう。「普通乗車券」出ない場合は、高確率で途中下車できないものになります。他にも、乗車券と特急券の一体型切符に関しても、途中下車できず、改札を通った段階で回収されてしまいます。

 

また、乗車券には途中下車できるルールが存在しています。まずは、距離でしょう。距離にして101キロ以上の区間が離れていないと、途中下車できません。つまり、上野からの乗って、東京で途中下車をすることはできないということになります。

 

大都市近郊区間内の途中下車に関しては、それぞれの区間でルールがあるため、駅員さんに聞いて確認するようにしましょう。

 

翌日までの途中下車や返金の対応とは?細かいルールを解説

最後に、新幹線の途中下車に関して、翌日までの途中下車や返金の対応などについて解説をしていきます。

 

翌日までの途中下車は可能?
乗車券や特急券の有効期限内であれば可能

 

まず、翌日までの途中下車に関してですが、有効期限内であれば途中下車は何度でも可能です。ただし、有効期限は以下のように定まっているため、100キロ以内の移動の場合は注意しておきましょう。

 

 翌日でも大丈夫?

・2日間(101キロ〜)

・3日間(201キロ〜400キロ)

・200キロごとに1日増える

 

返金の対応はしているの?
乗っていない区間が100キロ以上であれば返金対応してくれる

 

例えば、東京ー大阪間の乗車券切符を購入したとします。途中の名古屋駅で降り、何らかの理由で大阪まで乗っていかない!ということになった場合、名古屋ー大阪間の距離分の乗車券は返金に対応してくれます

 

基本的に、返金となるのは乗車券のみ。特急券は返金の対応がされませんので注意が必要でしょう。

 

 乗車券の返金対応【東京ー大阪間の乗車券の場合】

名古屋から大阪に行かない場合、名古屋ー大阪の金額から手数料220円が差し引かれた金額が返金となる。この際、乗らない距離(今回は名古屋ー大阪間)が100キロを越えている必要がある

 

まとめ

今回は、新幹線では途中下車は可能なのか?について、様々なシチュエーションを用いて解説をしていきました。基本的に、新幹線の途中下車に関しては、「距離」と「きっぷの種類」に気をつけるようにしましょう

 

特急券の購入の仕方や返金、翌日でも乗って良いのか?などは細かいルールや購入方法がありますので、駅員さんによく確認してみるようにしてください。

 

では、まとめをしていきましょう。

 

新幹線の途中下車まとめ
<新幹線の途中下車は可能?>
・改札内は全面的に可能(指定席に注意)
・改札外は細かいルールがある
<新幹線の途中下車ルール>
・乗車券は101キロ以上で可能
・特急券は途中下車で回収される
・格安乗車券は途中下車できない
<特急券の買い方>
・途中下車する停車駅を想定して購入する
(例)東京ー大阪、名古屋で途中下車
「東京ー名古屋」、「名古屋ー大阪」の特急券
<翌日までは可能?>
・101キロ〜可能(2日間)
・200キロごとに1日増える
<返金対応は可能?>
・乗らなかった距離分の返金がある
・乗らなかった距離が101キロを超える必要がある

 

スポンサーリンク
おすすめの記事