秋〜冬にかけて旬を迎えるりんご。現在では技術も進み、年中りんごが食べられるようになっていますよね。

 

スーパーで購入したりんごも、甘みがあり美味しいものがたくさんあります。しかし、品質が安定していないりんごだと、茶色に変色しているものも存在するのです。

 

りんごを切ってみたら茶色に変色していた、少し時間を置いたら茶色になっていた。こういった場合のりんごは、食べられるものなのでしょうか?

 

今回は、りんごが茶色になっていた場合は食べられるのか?を紹介していきます。また、傷みなのか?蜜なのか?の見分け方についても触れていきます。

 

では、はじめていきましょう。

 

 今回の要点

・茶色に変色したりんごは「酸化」している

・品質は落ちているものの、食べられる

・芯が黒くなっている場合やブヨブヨとしている場合は食べられない

・蜜は黄色っぽい色になる

 

スポンサーリンク

りんごが茶色に変色した!これって食べられるの?

りんごが茶色に変色している場合、そのほとんどは食べることができます。味や品質は落ちていますが、食べることで体に悪い影響が起こることは無いでしょう。

 

りんごが茶色に変色するのは、りんごが酸化しているからです。

 

りんごに含まれるポリフェノール物質は、酸化酵素として働きます。

ポリフェノールが酸化することによって、茶色に変色するという現象がおきるのです。

 

つまり、腐っているというわけではなく、単純に酸化しているということですね。この理由から、茶色に変色したりんごは、基本的に食べることが可能です。

 

ただ、いくつか気をつけなければならないものもあります。次の章で、画像付きで解説していきましょう。

 

 

りんごが食べられる場合と食べられない場合の判別方法

りんごの状態
食べられる ・全体的に茶色の場合

・まだらに茶色くなっている

食べられない ・芯の辺りが茶色で、ぶよぶよしている

・黒く変色している

・異臭が発生している

・苦い味がする

以上が、りんごの状態と食べられるか?食べられないか?をまとめた表になります。

 

全体的に茶色に変色している場合や、まだらに変色している場合は、基本的には食べることができるでしょう。

これは、「蜜」が入っているわけではなく、「酸化」している状態ですね。

 

では、食べられない場合のりんごを見ていきましょう。

 

芯の辺りが茶色で、ブヨブヨになっている

画像のように芯の辺りが茶色に変色し、触ってみるとブヨブヨしている場合、「芯カビ病」や「腐食」を疑うべきでしょう。

 

触って柔らかいと、腐食が進んでいたり、傷んでいる場合がほとんどです。この場合は、スーパーに行って返品交換してもらいましょう。

 

黒く変色している

黒く変色している場合、腐っていたり、「芯カビ病」である場合があります。

 

こちらも、同じように食べることができません。茶色の変色と見分けが難しい場合、触ってみて柔らかくなっているか?で見分けましょう。

 

味や臭いが変

味や臭いが変になっている場合、腐っている可能性があります。臭いに関しては、腐っているとすぐに分かります。つまり、臭いが変でなければ、茶色に変色したりんごはほとんどの場合で食べられるでしょう。

 

味に関しては、苦みがあると危険な場合が多いと思われます。

 

ただ、「腐っている」と思ってりんごを食べると、味に敏感になりやすいです。味や臭いよりも、ブヨブヨになっていたり、黒く変色していないか?を重視しましょう。

 

茶色に変色したりんごが酸化なのか、蜜なのかを見分けるには?

茶色に変色したりんごは、基本的に味と品質が落ちてしまっています。見た目的にも「食べたくない」と思ってしまいますよね。

 

ただ、りんごが変色する場合として「蜜」が入っていて、甘くて美味しい場合もあります。

 

ここからは、りんごの変色が「蜜」なのか?「酸化」なのか?の見分け方を紹介していきましょう。蜜なのか?変色なのか?を見分ける方法として、二通りの判別方法があります。それは、「色」と「時期」ですね。

 

黄色っぽい場合は蜜、茶色の場合は酸化

上の画像は「蜜入り」のりんごになります。

酸化したりんごとは違って、黄色っぽい変色になっていることがわかりますよね。

 

こちらも、中心部が変色していますが、「蜜入り」のりんごです。黄色の変色であることがわかります。

 

対して、こちらが傷んでいる場合のりんごです。見た目的にも茶色に変色していることがわかります。

 

このように、蜜なのか?傷みなのか?は、色によって判別することができるでしょう。

 

 12月以降は蜜が吸収される

りんごの蜜は、12月後半を過ぎると、果肉部分に吸収されてしまいます。つまり、1月以降のりんごは、蜜が残っている場合が少ないということですね。もし、密なのか?酸化なのか?が判別できない場合、時期で判別することもできるでしょう。

 

りんごが茶色に変色するのを防ぐ方法とは

ここまでで、りんごが茶色に変色している場合、食べられるのか?食べられないのか?の判別方法を紹介していきました。

 

りんごの茶色の変色は、基本的に酸化したものになります。では、りんごが茶色に変色してしまう状態を防ぐことは出来ないのでしょうか?

 

実は、ある方法で、変色を防ぐことができるのです。それが、「塩水に付ける」という方法。

 

先程、りんごが酸化する原因として、「ポリフェノールが酸化酵素となり、酸化してしまう」というものを紹介しました。

 

塩水は、ポリフェノールの周りに「ナトリウムイオン」という膜を作ってくれるため、ポリフェノールが酸化する現象を防いでくれるのです。

 

膜を作ることで、酸化酵素としての働きがストップし、りんごが茶色に変色する現象を防いでくれますよ。

 

これと同様に「レモン水」などでも、酸化を防ぐことが可能。りんごが変色すると見栄えが悪く、食欲も無くなってしまいます。塩水やレモン水に付け、変色を防いでいきましょう!

 

まとめ

今回は、りんごが茶色に変色している場合、そのりんごは食べることができるのか?について解説していきました。

 

りんごが茶色に変色しているのは、基本的に「酸化」しているからです。品質は落ちていますが、食べることはできるでしょう。

 

しかし、ブヨブヨとした感覚になっていたり、黒い部分がある場合は、カビが出来ている可能性があります。そういった条件のりんごは、食べないようにしましょう。

 

では、これらを踏まえて、今回のまとめをしていきます。

 

今回のまとめ!
【茶色に変色したりんごは食べられる?】
・酸化しているだけなので食べられる
・品質は若干落ちている
・茶色の変色がまだらに起きている場合でも食べられる
【変色したりんごが食べられない場合】
・黒く変色している→芯カビ病の恐れあり
・ブヨブヨとした感覚
・異臭や苦味を感じる(敏感になりやすいので注意)
【りんごが茶色に変色するのを防ぐには?】
・塩水やレモン水に付ける
スポンサーリンク
おすすめの記事