結婚の顔合わせ、彼氏や彼女の家にはじめて行く時。やはり、親御さんには良い印象を与えておきたいものですよね。将来に直接関係する事柄でもあるため、失敗だけはしたくないところです。

 

さて、そういった席で、必ず忘れてはいけないものとして、「手土産」があります。相手に「この訪問は喜ばしいこと」という気持ちを伝える上で、手土産は絶対に用意しておきましょう。ただ、重要な席だけにどんなものを選べばよいのかわからない。このような悩みを持つ方もいると思います。

 

基本的に、手土産といえば「お菓子」を選ぶものです。しかし、お菓子は親御さんが好きではないと判明。そんな時、お菓子以外で手土産を用意する必要があります。

 

今回は、結婚の顔合わせや彼氏・彼女の家に行く際のお菓子以外の手土産はどんなものが良いのか?をまとめていきます。では、はじめていきましょう。

 

スポンサーリンク

手土産選びの基本!結婚の顔合わせや彼氏の家に持っていく場合は?

まずは、手土産選びの基本的な点からお話していきましょう。結婚の顔合わせや彼氏の家に持っていく場合、どのような点に気をつけるべきでしょうか?基本的に、以下のポイントに合わせて、手土産を選ぶようにしましょう。

 

手土産の選び方
①相場は3000円〜5000円
②必ず好みは確認する
③日持ちするもの、手を煩わせないもの

手土産の選び方としては、上の3点を確認しておきましょう。以下、簡単に説明をしていきます。

 

①値段

値段は3000円〜5000円の間で手土産を選んでください。なぜ、この値段なのか?と言いますと、「安すぎず、高すぎず」というラインを保っているからですね。

 

結婚の顔合わせや彼氏の家にお邪魔するということは、非常に重要な行為でしょう。その時、2000円以下の手土産では強い気持ちが伝わらない可能性が高いです。反対に、1万円もする手土産だと、かえって気を使わせてしまいます。

 

梱包や箱がしっかりとしていて、ある程度真剣な気持ちが伝わる手土産を選ぶようにしましょう。

 

②好み

好みに関しては、「お菓子以外」という点を確認していることから、ある程度は把握しているのだと思います。親御さんがその手土産を気に入るのか?パートナーの方と、きちんと確認したいですね。

 

③日持ち、手を煩わせないもの

この項目が非常に重要です。お菓子以外の例を挙げるなら「寿司」などは、日持ちがしないため、失礼にあたります。なぜ、失礼に当たるのか?と言いますと、相手に食べる時間を限定させてしまうからですね。

 

そして、切り分けないと食べられないものだったり、食べるまでに大変な手間がかかるものは、手土産では選ばないようにしましょう。小分けされていて、簡単に食べられるもの、飲めるものがおすすめですね。

 

では、実際にどんな手土産が好まれるのでしょうか?結婚や彼氏の家に持っていける、お菓子以外の手土産を5つ紹介していきましょう!

 

 

結婚の顔合わせや彼氏の家に!お菓子以外の手土産5選

では、ここからが本題です。結婚の顔合わせや彼氏・彼女の家に持っていく際の、お菓子以外の手土産5つをまとめていきましょう。まずは、定番の「お酒」からいきます。

 

①お酒

特に、お父さんに喜ばれる品物といえば、「お酒」ですね。お酒は縁起物でもありますし、お酒好きの家であれば、喜ばれる確率は高いでしょう。

 

お酒を選ぶ場合は、どんなお酒が好きなのか?もリサーチします。日本酒が好きなのか?ビールなのか?ワインなのか?このチョイスによっても、好感度は大きく違ってきます。パートナーにきちんと聞いてから選びましょう。

 

ひねりの効いたものだと、「飲みくらべができる日本酒セット」などがおすすめですね。

 

②黒豆

結婚の顔合わせなどでは、よく選ばれる品物でもある「黒豆」。高級なものだと、外装もきちんとしているため、手土産にはピッタリの佇まいになってくれます。

 

黒豆は縁起物であり、程よい甘みを持っているため、年配の方からも好まれる品物です。気遣いや考えて選んでくれているという意識を持たせることも可能ですので、センスの良い手土産になりそうです。

 

③昆布の佃煮

こちらも、縁起物である昆布の佃煮。普段の生活の中で食べることができ、甘いものが苦手な場合でも対応ができる良品です。特に、結婚の顔合わせでは、縁起物を持っていくと良いですね。

 

昆布は、古くから縁起物として知られています。「よろこんぶ」という語呂が有名ですね。ただ、それだけではなく、昆布の旧名である「ヒロメ」の語源は結婚披露宴の「おひろめ」から来ているという説もあります。

 

古くからの縁起物ということで、結婚の顔合わせや彼氏の家に持っていけば、良い方向に働いてくれそうです。

 

④フレンチソース

ここからは、少しおしゃれを意識した手土産です。フレンチソースは、生活の中で使い所が多く、汎用性が高い手土産になります。普段の料理が一段も二段も格上げされることから、お料理好きのお母さんにも喜ばれますね。

 

フレンチソースの良いところは、見た目が華やかで、入っている容器も可愛いところです。特に、彼氏・彼女の家を初めて訪問するときなど、印象に残りやすい手土産だといえます。

 

見た目、印象重視ならおすすめできる手土産でしょう!

 

⑤高級缶詰

最近、缶詰が高級化され、手土産として持っていっても全く問題ないものが増えました。高級缶詰は、「これが缶詰?」という驚きを与えることができます。

 

お父さんのお酒のおつまみに喜ばれ、普段の食卓に出せるものも多いことから、満足度が非常に高い手土産です。高級缶詰は、詰合せのものを選ぶと失敗しにくいです。

 

こちらも、好みをきちんと把握して、食べられないものが無いように配慮をしてください。

 

現地調達はNG!

今回は、あくまでもおすすめになります。今回のおすすめ以外にも、地域ごとの珍しい郷土品が喜ばれますので、故郷のお土産でも良いですね。

 

ただ、親御さんが住んでいる地域では、手土産を購入しないようにしましょう。手土産を現地で調達すると、親御さんにとっては既によく知っている品物を持っていくことになります。珍しさも出ませんし、あまり良い顔はされないでしょう。

 

手土産を渡す時のマナーを確認しよう

最後に、手土産を渡すときに、どのようなマナーを知っておく必要があるのか?をまとめておきましょう。手土産を渡す時のマナーとして、以下のようなポイントが挙げられます。

 

手土産を渡す時のマナー
①部屋を通されてから渡す
②部屋に入る前に袋から出しておく
③両親がいる場合は、その中心に差し出す
④一言添える

手土産を渡すときは、以上のようなマナーを守りましょう。それぞれに関して、簡単に解説を加えていきます。

 

①②渡すタイミングは?

渡すタイミングは、どのようなポイントがあるでしょうか?まず、手土産は玄関先などで渡さず、部屋に通されてから渡すようにします。その際、部屋に入る前に、手提げ袋の中から手土産を出しておきます。

 

③渡し方

両親が揃っている場合は、その中心に手土産を置くようにします。男性宅に行った場合、女性が渡します。女性宅に行った場合は、男性が渡すようにしましょう。

 

④一言添える

この部分は、注意が必要です。「つまらないものですが...」は、手土産を渡す際にはあまりおすすめできません。きちんと選んだものだと伝えるためには、このような表現は避けるべきなのです。

 

手土産を渡す時の一言は、その手土産に関する簡単な説明をします。「これは私が住んでいる地域の名産品で....」といった一言を添えられると良いですね。

 

まとめ

今回は、結婚の顔合わせや彼氏の家にお邪魔した時などに持っていく、お菓子以外の手土産についてまとめました。その他、選び方から渡し方までまとめていきましたが、いかがでしたか?

 

失敗できない場面ではありますが、なるべく楽な気持ちで、りらっくすしていきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事