どんな料理でも美味しい!煮物でも、揚げ物でも、焼き物でも旨味を吸って、食べる時に出てくる出汁が口に広がるところが、ナスの美味しさの本質ではないかと思います。

 

栄養も豊富で、野菜の代表格とも呼べるナスですが、こんな悩みや疑問も出てきます。それが、「変色したナスはどの程度まで食べられるのか?」です。日が経ったナスだと、実が茶色く変色していたり、皮が虫食いなのか?と思えるほどに、茶色に変色することも。

 

今回は、ナスを安全に食べるため、皮や実が茶色に変色しているのは、腐っているのか?それとも食べられるのか?についてお話していきます。

 

また、茶色に変色しないように、どのような保存が良いのか?そして、できるだけ状態がよく、長持ちしやすい&美味しく食べられるナスの選び方についてもお話していきましょう。

 

では、はじめていきます。

 

スポンサーリンク

ナスの実が茶色に変色した状態は腐っているのか?

まずは、ナスの実が茶色に変色している状態に関して、この状態は腐っているのか?についてお話していきます。ナスが茶色に変色している状態というのは、上の画像のような状態になります。

 

矢印のような状態が「茶色に変色している」という状態です。実が茶色に変色している場合、腐っている状態だと言えるのでしょうか?

 

結論からお話しますと、この状態のナスは腐っていると言っても良いでしょう。これは、家庭菜園で言うと「軟腐病」に似た状態で、身が柔らかくなり腐っている状態になっています。ドロドロとした部分は、腐っており、食べないほうが良いと言えそうです。

 

ただ、白い部分は食べることができるため、この部分を切り取ることで食べることは可能。もし、腐っているところが一部であれば、もったいないので、その他の部分は食べてあげるようにしてください。

 

 

実が赤っぽくなる&種の黒が目立つ場合

その他の状態についても確認していきましょう。ちょうど、矢印が付いている場所は、どうなのでしょうか?実が赤っぽく変色していたり、種の黒い部分が目立っている状態ですね。

 

このナスの状態に関しては、「劣化」して傷んでいる状態になります。赤っぽくなっている部分は、「傷んでいる」ため食べることは可能です。また、種が黒く目立つ場合も、劣化しているだけであり、食べることはできます。

 

しかし、劣化したナスは味にエグミを感じたり、独特の食感になってしまいますので、できるならば食べないほうが良いでしょう。

 

この章のまとめ
・ナスの実が茶色く変色→腐っている
・ナスの実が赤っぽく変色→傷んでいる
・ナスの種が黒く目立つ→傷んでいる
・傷んでいる状態であれば食べることは可能

 

ナスの皮が茶色に傷ついている場合

 

続いて、ナスの外側である「皮」にフォーカスを当ててみましょう。皮が茶色く傷ついている場合を見ていきます。

このように、皮が茶色くひび割れているナスは、食べることができるのでしょうか?この状態、スーパーでも意外に見ることがあります。ただ、よくナスを観察していないと、見落としてしまい、そのまま購入してしまうこともあるんですよね。

 

このような状態のナスは、食べることができるのか?ですが、普通に食べることができます。このようなナスの状態は、ナスの木そのものが弱ってきていることが原因になります。

 

少しの風や衝撃によって、ナスが傷つきやすくなってしまっているのです。このような茶色の傷があるナスは、店頭では並びにくいのですが、選定基準が甘いスーパーだと時々紛れ込んでいる可能性があります。

 

実際、食べることは可能です。しかし、皮が茶色にひび割れているナスは「劣化しやすい」という特徴があります。また、実が痛みやすくなるため、スーパーでこのようなナスを見つけたときは、購入を避けるようにしましょう。

 

この章のまとめ
・ナスの皮の茶色の傷は、外部による刺激のもの
・普通に食べられるが、劣化が早い

 

健康で美味しいナスの見分け方

では、実が茶色になっているような、劣化したナスを選ばないために、どのようなナスを選んでいけば良いでしょうか?美味しいナスは、以下のような選び方をすると当たりやすいです。

 

美味しいナスの選び方
①ヘタがトゲトゲしい
②黒光りしている
③首が太っている
④艶がある

上の画像のナスを見てみましょう。

 

まず、表面は黒光りしていて、艶があることがわかります。こういったナスは、良いナスである確率が高めです。また、どのナスもヘタがトゲトゲしくなっていて、触れたら痛そうなものが多いですよね。ヘタがいきいきとしているナスは、新鮮なものが多いため、選ぶ基準になってくるでしょう。

 

次に、①と②のナスのどちらかを選ぶ際、みなさんはどちらを選ぶでしょうか?実際、どちらのナスもよく成長していて、新鮮です。

 

ただ、ナスの選び方「首が太っている」という法則に従うとするならば、①のナスの方がおすすめ。①のナスの方が首が太っていて、より食べごろだということになります。このような選び方の法則を守れば、劣化しやナスや実が腐っているナスに当たりにくくなるでしょう。

 

画像のナスは、僕が購入してきたものです。少し暗くてわかりづらいですが、首がかなり細いです。そのほか、画像では見えていませんが、細かい傷が多くついてしまっていました。

 

ナスの良し悪しはナスをきちんと確認し、このナスは良いナスなのか?を判定していきましょう。

 

ナスを劣化させない&腐らせない!正しい保存方法とは?

ナスが茶色に変色してしまったり、傷んでしまうのは、購入時の問題だけではありません。つまり、保存状態が悪いと、ナスは茶色く腐ってしまう可能性もあり得るわけですね。

 

もし、ナスを茶色に劣化させたくない場合、きちんとした保存方法を学んでいく必要があると言えます。では、ナスを劣化させないために、どのような保存の方法が必要になってくるのでしょうか?

 

ナスの正しい保存方法は、以下の通りとなります。

ナスの正しい保存方法まとめ
①一つずつラップに包む
②冷蔵室で保存
③5度以下で保存しないように注意
④長期保存の場合、調理して冷凍保存

ポイントは、以上の4点になります。ナスの保存期間は3日〜4日が基本。それ以上過ぎる場合は、調理をして冷凍保存です。

 

①水分が逃げないようにする

水分が逃げないよう、ひとつずつラップに包んで保存するようにしましょう。ナスは水分を失いやすく、すぐにシワシワになってしまいます。シワシワになった状態でも、もちろん食べることができますが、新鮮なまま食べたいならラップに包んでください。

 

②③温度に注意する

続いて気にするのは、温度の部分。基本的にラップに包んでから冷蔵室で保存します。しかし、冷蔵室の温度を低くしすぎてしまうと、ナスがしわしわになってしまいます。これは、身が縮んでしまうことが原因です。冷蔵保存の温度には注意しておきましょう。

 

④長期保存の調理法

冒頭でも確認したとおり、長期保存の場合は調理をして冷凍で保存をしていきます。ただし、調理は「焼く」「煮る」「揚げる」などのような、ナスを加熱する方法に限ります。ナスを生のままで使用する料理だと、冷凍保存は適していませんので、注意が必要でしょう。

 

以上のようなポイントに従って、ナスを保存することで、ナスが傷みにくくなってくれますよ!

 

まとめ

今回は、ナスが茶色に変色してる場合は、腐っているのか?皮に傷が合っても食べられるのか?選び方や保存方法はどうなのか?について、それぞれ確認していきました。

 

ナスが茶色に変色し、ブヨブヨしている場合は、基本的に腐っていると見て間違いありません。そのような場合は、食べないようにしましょう。ただ、他の症状であれば、味は抜きにしても食べることが可能です。

 

ナスの選び方をきちんと守って、良いナスを選べると良いですね!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事