旅行シーズンになると、飛行機を使って海外へ!という方は非常に多いと思います。海外旅行は非常に楽しい思い出になりますし、ワクワクしますよね。ただ、飛行機に乗ると、耳に違和感が起きたり、痛みが走ったりすることがよくあります。

 

特に、風邪を引いている時などにも起こり、耳に直接的な影響をあたえるため、飛行機に乗るのがこわい!という方もいるでしょう。そこで、必須の技となってくるのが「耳抜き」です。耳抜きをすることで、違和感を上手に解消することができます。

 

ただ、耳抜きができない!耳抜きをする方法がわからない!という方も大勢いるでしょう。今回は、耳抜きが出来ない方のために、耳抜きの方法やコツを紹介します。また、耳抜きのやり方は分かるけど、違和感が解消しない!という方についても、改善の方法や対策法を紹介していきますよ。

 

では、はじめていきましょう。

 

スポンサーリンク

飛行機で起こる謎の違和感や痛み!どうして発生する?

耳抜きが出来ない場合の対処についてまとめる前に、飛行機で起こる謎の違和感について説明します。こういった謎の違和感は、飛行機の他、新幹線や電車のトンネルの中、水中などで起こります。

 

これは、飛行機の上昇・下降など気圧の急激な変化によって、鼓膜に影響が出るため、起こる不快感なのです。

上の画像は、耳の仕組みになります。こちらの「耳管」という紫色の部分が詰まっていると、調節がうまくできなくなってしまうのです。そして、気圧の差が生じ、鼓膜が引っ張られる形になり、不快感を生じさせます。

 

急激な気圧の変化に耳が対応していかないことが、違和感を覚える仕組みというわけですね。人によって、違和感の度合いは違っていきます。もし、この症状が1日以上続くのであれば、「航空性中耳炎」という病気を疑うべき。後述してありますので、気になる方は御覧ください。

 

風邪をひいたまま飛行機に乗ると...

風邪をひいたまま飛行機に乗ると、耳鳴りや違和感が頻繁に起こるようになります。これは、風邪や鼻炎によって耳の粘膜が腫れることで、耳管が詰まってしまうからです。そのため、飛行機に乗る前に、風邪や鼻炎を解消しておくことをおすすめします。

 

また、アルコールや疲れを引きづったままだと、耳の違和感が起きやすくなりますので、こちらもきちんと対策をしておきたいところですね。もし、風邪を治すことができなかった場合などは、後述の気圧対策グッズを購入しておきましょう。

 

 

飛行機で耳抜きができない!正しいやり方を解説

では、耳抜きができない!やり方がわからない!という方に正しいやり方を解説していきましょう。耳抜きは正しい名称を「バルサルバ法」と呼びます。この方法はたくさんやりすぎたり、勢いよくやりすぎると、鼓膜を傷つける可能性があるため、注意が必要です。

 

では、やり方を解説していきましょう。

 

耳抜きのやり方
①鼻をつまむ
②口から軽く息を吸い込む
③耳に空気を送り込むようにする
④つばを飲み込む

②鼻をつまむ→④つばを飲み込むという流れで、だいたいの耳鳴りは解消されます。しかし、それでも解消しない場合は、③耳に空気を送り込むという方法を入れてみてください。

 

耳に空気を送り込むという方法は、かなり感覚が難しいです。実際にやってみても、空気が送り込めたのか?が判定しづらいものになります。一つのコツとしては、耳に送り込もうとするのではなく、口の中の空気を喉に送り込むようにしましょう。

 

喉と耳はつながっていますので、喉に空気を送り込もうとすれば、自動的に耳にも空気が送り込まれます。耳に空気を送り込めたら、つばを飲み込んで耳抜きは完了です。

 

注意!
空気は軽く送り込むようにしましょう。勢い良くやりすぎたり、空気を多く含みすぎると、鼓膜を傷つける可能性があります。

 

耳抜きができない人が実践してほしいコツ

以上の方法で耳抜きが出来ない場合は、いくつかのコツを試してみましょう。この方法でも耳抜きができない人は、病気の可能性を疑うか、対策グッズを使用してみましょう。(どちらも後述しています。)

 

耳抜きができない人に試してほしいコツ
①口と鼻をきちんと閉じる
②肩の力を抜く
③つばをたくさん溜め込んで飲む

この3つを駆使して、耳鳴りを治してみましょう。耳抜きが失敗するのは、空気がうまく送り込めていないからでしょう。そのため、口と鼻をきちんと閉じて耳抜きを実践してみてください。また、リラックスした状態で行うと、うまくいきやすいです。

 

耳への違和感は気持ち悪いですが、失敗しても焦らず、何度か挑戦してみましょう。

 

耳抜きができない人が疑うべき病気「航空性中耳炎」

以上のような耳抜きの方法やコツを試しても、耳の違和感が消えない!という場合は、冒頭でも触れた「航空性中耳炎」という病気を疑いましょう。具体的には、以下のような症状が出てきます。

 

航空性中耳炎の症状
・1日以上、耳鳴りが続く
・音が聞こえにくい
・耳の後ろが痛む

このような症状が出ている場合、航空性中耳炎の疑いがありますので、注意しておきましょう。ポイントは、期間です。もし、飛行機を降りた後でも耳鳴りの症状が続くのであれば、航空性中耳炎の可能性は十分にあります。

 

疑わしい場合は、早めに耳鼻科を受診すると良いでしょう。

 

耳抜きができない人におすすめのグッズ!

最後に、耳抜きができない人へ、おすすめの耳抜きグッズを紹介しておきます。飛行機の中で使えるものなので、耳への違和感に悩む方、飛行機に乗るまでに風邪を治せなかった!という方におすすめです。

 

サイレンシア・フライト・エアー

こちらは、サイレンシア社の「フライト・エアー」という耳栓になります。離着陸時の耳への不快感を軽減する耳栓として、多くの方に愛用されている耳栓になります。

 

耳栓内部には、気圧変化を調節する機能が付いており、急激な気圧変化を緩やかにしてくれる効果があります。また、遮音性も高いため、耳栓としても十分に使用することが可能です。

 

◯価格:1,100円

◯全国の空港やアマゾンで購入可能

 

人によって個人差はありますが、飴を舐めることで耳鳴りを解消することができるようです。飴を舐めることで、耳管が広がるようになり、気圧調節を行いやすくする効果があります。

 

まとめ

今回は、飛行機で起こる耳鳴りや違和感に関して、耳抜きが出来ない人を中心に情報をまとめていきました。耳抜きができない場合は耳栓の購入を始め、コンディションを整えるなどの事前準備が必要になってくるでしょう。

 

また、なかなか耳の違和感が治らない場合は、早めに耳鼻科を受診すると良いと思います。航空性中耳炎の可能性を考えると、早めの対応が必要になってくるでしょう。

 

今回のまとめ!
◯耳抜きのステップ
・口と鼻をきちんと閉じ、耳に空気を送り込む
・その後、つばを飲む
◯それでも解決しない場合
・リラックスして行う
・航空性中耳炎を疑う
◯風邪を引いている場合
・耳鳴りが起きやすい
・サイレンシア・フライト・エアーをつける
スポンサーリンク
おすすめの記事