季節が変わる頃、やっておかなければならないことといえば、「衣替え」です。衣替えをすると「季節が変わったんだな」と実感しますよね。次の季節のことを考えていると、楽しい気持ちになってくるものです。

 

しかし、そんな時に衣替えで収納をしていた服から、嫌な匂いが出てくることがあります。また、湿気で服がカビていたり....なんてこともあります。せっかく、衣替えで楽しい気持ちになっていても、服の匂いでテンションがガタ落ち。

 

こういった服につく匂いや湿気によるカビなどを防ぐには、事前の準備も重要です。今回は、衣替えで収納する前の匂い対策、湿気対策を考えていきましょう。また、既に服に匂いがついている場合やカビが出来てしまった場合の対処法もお話していきます。

 

スポンサーリンク

衣替えによる長期収納...匂いの原因は何?

まずは、前提の部分のお話をしていきます。衣替えなど長期間収納をしていると、どうしても匂いが付いてしまいます。この匂いやカビ臭さはどういった原因が考えられるのでしょうか?

 

問題は雑菌、ニオイ菌の繁殖

衣替えの収納による、服の匂いを発生させているのは「雑菌」です。服の繊維には細かい雑菌が付いており、洗濯をしてもすべてを取り除くことはできません。また、衣替えで収納をする前にきちんと洗濯をして、乾かせていないと、雑菌がたくさん増殖してしまいまうのです。

 

また、もう一つの問題として、クローゼットの中は雑菌が繁殖しやすい環境である点が挙げられます。太陽の光が届かないため、湿度が高くなりやすい。雑菌の繁殖には良い条件が整っています。

 

夏場に関しては、温度が高くなりやすいため、こちらも雑菌の繁殖を促す原因となるのです。

 

クリーニング後でも、雑菌がついている可能性がある

実は、クリーニング後でも服の繊維質に雑菌が付着している可能性があります。特に、生地の分厚いアウターは、繊維質まで雑菌を取り除くことができないのです。長年使っていると雑菌の量も増えていくため、衣替えの時に匂いが気になるようになってしまいます。

 

この他、収納するケース自体が汚れていたり、洗濯の方法などによっても、雑菌やニオイ菌が繁殖する条件になります。では、衣替えによる長期収納に関して、匂い対策や湿気対策はどのよう方法を実践すればよいのでしょうか?

 

まずは、長期収納によって、服に匂いが付いてしまった!という場合の対処方法をまとめていきます。

 

 

衣替えで服についた匂いやカビ臭さを取る方法

まずは、衣替えの収納によって服に付いてしまった匂いや、カビ臭さを取る方法をまとめます。いくつか方法があるのですが、状況や好みに合わせて選んでください。

 

衣替えの収納で付いた匂いを消すには?
①天日干し
②洗濯し直す
③スチームアイロン

今回は、この3つの方法を解説していこうと思います。まずは、天日干しから解説していきましょう。

 

①天日干しをする

服についた雑菌による匂いだけでなく、カビ臭い匂いまで対応することができる方法こそ、天日干しです。カビ臭い布団などを外に干すと、匂いが消えますよね。それと同じ原理で、天日干しをすれば大抵の匂いは消えてくれます。

 

なぜ、天日干しをすると匂いが消えるのでしょうか?それは、太陽の光による「紫外線」と「乾燥」の2つの効果があるからです。紫外線は微生物や雑菌を死滅させるため、服や布団だけでなく、まな板の除菌にも使用することができます。

 

また、細菌が繁殖しやすい湿潤な環境を、太陽の光によって乾燥させるため、雑菌が繁殖できない湿度が出来上がります。こういった面から、服に付いた匂いやカビ臭さは、天日干しで解消することができるのです。

 

②洗濯し直す

洗濯し直すことも、匂いを消す方法の一つです。ただ、普通に洗濯をしても、匂いが取れない場合があります。このような場合、解決方法は2つあります。

  1. 酸素系漂白剤につけてから洗濯する
  2. 重曹を入れた40度のお湯で洗濯する

 

酸素系漂白剤につけてから洗濯

①ぬるま湯(30度〜40度)に酸素系漂白剤を入れます。
②1時間程度つけ置き
③いつもどおり洗濯

この方法で、服についた匂いを消すことができます。

しかし、問題となるのは「色落ち」でしょう。色や柄のついた服は、どうしても色落ちしてしまう可能性があります。白シャツや下着などはこの方法が使えます。

 

ただ、衣替えのときであれば、重曹を入れた洗濯法がおすすめですね。

 

重曹を入れて洗濯

①40度のお湯を洗濯機に溜める
②10Lごとに大さじ1杯の重曹を入れる
③洗濯洗剤を入れ、洗濯する

酸素系漂白剤につけ置きするよりも、楽に匂いを消すことができます。今や、家庭に浸透している重曹ですが、洗濯にも使用可能ということで「万能」だと言えそうです。

 

③スチームアイロンを使用する

もし、スチームアイロンを持っているのであれば、ほとんどの匂いに対処することができます。スチームアイロンのすごいところは、消臭だけでなく、シワまで一緒に伸ばせてしまうところです。

 

衣替えだけでなく、梅雨時期や洗濯が出来ない時にも便利に使えます。また、時間の無い朝でも、シャツのセットなどが簡単。この機会に購入してみると便利かもしれませんね。

 

 

衣替えで収納する時点でできる対策法とは?

続いては、衣替えで収納する時点での対策です。服を出した時、雑菌の匂いなどがつかないようにするには、どのような方法が考えられるでしょうか?気をつけるべき点は、3つあります。

 

衣替えの収納で気をつけること
①天日干ししてから収納する
②風通しの良い場所に収納する
③防虫剤の匂いに気をつける

この3つに気をつけることで、衣替えの時期に嫌な思いをせずに済みそうです。では、それぞれの項目について、簡単に説明を加えておきましょう。

 

①天日干ししてから収納する

前の章で、天日干しがニオイ対策に良いことは説明しましたね。クリーニングから返ってきたアウターなども、なるべく天日干ししてから収納することで、匂いがつきにくくなってくれます。

また、シャツやパンツに関しても、一度洗濯し、綺麗にしてから衣替えの収納に入れると良いですね。

 

②風通しの良い場所に収納する

これが最重要ポイントでしょう。湿気が多いと、カビが繁殖しやすくなったり、雑菌が繁殖しやすくなったりしてしまいます。それを一気に解決できるのが、「風通し」です。押し入れの奥の方ではなく、なるべく風通しの良い場所に収納することで、匂いを予防することが出来ます。

 

風通しの良い場所とは?
風通しの良い場所ってどこなの?という疑問が生まれると思います。基本的に、押し入れの中に収納するとしても、押し入れに物を詰め込みすぎていなかったり、少し扉を開けておくことで、風通しを確保することができます。ゆったりとした収納が重要です。

 

③防虫剤の匂いに気をつける

防虫剤の匂いにも気をつけておきましょう。最近は「ムシューダ」などの匂いの付かないタイプの防虫剤が多くなっています。なるべく、無臭タイプの防虫剤を使用するようにしましょう。

 

もし、匂いつきの物を選んでしまった場合は、風通しの良い場所に保管することで、防虫剤の匂いの対策にもなります。こういった理由から、「風通しの良い収納」が重要になってくるわけですね。

 

まとめ

今回は、衣替えによる長期収納でついた匂いに対して、どのような対策が考えられるのか?についてまとめていきました。匂いが付いてしまった場合は、天日干しや洗濯のし直しをすることで、対策をすることができます。

 

また、匂いがつかないように予防することも重要でしょう。天日干しやきちんと洗濯をしてから収納することをおすすめします。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事