郵便物を郵送したいときに利用するものといえば、「封筒」ですよね。小さいものから大きいものまでたくさんの種類が発売されていますが、一般的に封筒というと、今回紹介していく「長4封筒」のことを指します。

 

長4封筒はB5用紙を三つ折りにしていれることができ、用紙1〜2枚程度のものを郵送したいときに使用されます。

では、この長4封筒は、どれくらいの料金で郵送することができるのでしょうか?

 

今回は、長4封筒の切手代の料金表を作成。速達などの送料に関しても、料金表で紹介していきます。

では、はじめていきましょう。

 

スポンサーリンク

長4封筒の切手代はいくら?料金表で確認しよう

では、さっそく本題に入っていきます。長4封筒の切手代の料金はいくら?ということで、料金表を作っていきましょう。

日本郵政グループでは、郵便物の送料を「郵便物の大きさ」と「郵便物の重さ」の2つの視点から決定しています。

 

長4封筒のサイズは、横90mm×縦205mmの大きさになっているため、「定形郵便」として送ることができますね。

では、定形郵便の料金表を確認していきます。

 

◯長4封筒の切手代料金表

重さ 切手の料金
25g以内 82円
50g以内 92円

 

「郵便物の重さ」によっても、長4封筒の送料は変わってきます。

定形郵便の場合、重さの区分は「25g以内」or「50g以内」の2つです。

 

郵便局に書類入りの封筒を持っていけば、局員さんが重さを量って、そのまま切手を貼ってくれます。郵便局に持っていく余裕があるのであれば、そちらのほうが確実でしょう。

 

もし、郵便局に持っていけない場合は、家の量りでも重さを計測できます。長4封筒の場合、もちろんポストからでも郵送できますので、重さをきちんと計測して、切手を貼りつつ郵送しましょう。

 

ちなみに、今ではコンビニでも切手を貼ってくれますので、計量できなくとも焦ることは無いですね。

 

 

長4封筒の速達や簡易書留の料金はいくら?

続いて、長4封筒の速達や簡易書留などのオプションサービスの料金表を作っていきましょう。

速達や簡易書留に関しては、先程紹介した基本料金の送料とは違い、オプションとして値段が決まっているものになります。

 

そのため、速達や簡易書留を利用する場合は、基本送料+オプション料金の合計で切手代が決まることを覚えておきましょう。

では、それぞれのオプションサービスを利用する際の料金表を見ていきます。

 

切手代の料金表は以下のとおりです。

 

長4封筒の切手代料金表(オプション付き)

種類 25g以内 50g以内
速達 362円 372円
現金書留 512円 522円
一般書留 512円 522円
簡易書留 392円 402円
配達日指定

(平日指定)

113円 123円
配達日指定

(休日指定)

103円 113円

 

オプション料金を合わせた、長4封筒の切手代は以上の通りです。

送料は少しだけ高くなっていきますが、休日にも配送されるようになるため、非常に便利ですね。

 

普通郵便の場合、日曜祝日を挟むと、その分だけ配達日が遅れていきます。早く届いてほしい書類も、休日を挟むことで2日程度遅れる可能性があるのです。

 

こういった際、オプションサービスを利用しておけば、すばやく郵便物を届けることができます。速達などを利用すれば、早ければ当日中に届いてしまうため、こちらも便利なサービスだと言えるでしょう。

 

他にも、簡易書留などは5万円分の紛失補償が付いているなど、商品を送る際などにおすすめですね。

 

 配送オプションの概要まとめ

速達:通常の封筒よりも優先して配達される。翌日までに確実に配達となる。

一般書留:配達から到着まですべて記録され、郵便物が壊れた場合に実損額が賠償される。

現金書留:現金を送る際の書留。お祝いやのし袋を送る際に使用。

簡易書留:一般書留よりも安価で利用でき、5万円までの損害賠償がある。

配達日指定:配達日を指定し、指定日の指定の時間帯に届くようにする

 

長4封筒の重さはどれくらい?用紙を送る場合の切手代とは

もし、どうしても封筒の重さを計測することができない!という場合もあるでしょう。こういった場合を想定して、封筒のある程度の重さを紹介しておこうと思います。

 

長4封筒に関しては、ポイントとなる重さが25g、50gになりますが、50gを越えることはまず無いと思います。書類を入れるだけであれば、25gを越えるのも難しいでしょう。

 

では、封筒と用紙の重さを紹介していきます。

 

長4封筒と用紙の重さ
長4封筒の重さ:2.5g-3.5g
B5用紙の重さ:3g

長4封筒の重さは、材質によっても変わりますが、大体2.5g〜3.5gの重さとなります。

B5用紙の重さが大体3gになるため、用紙1〜2枚程度であれば、ほぼ確実に25g以内に収まってくれるでしょう。

 

25g以内に収めたいのであれば、B4封筒の重さを3gとすると、6枚程度までであれば入れることができます。

ただ、長4封筒の場合は、B5用紙3つ折りで入れるものになりますので、そこまでたくさんの用紙を入れることはできません。

 

よって、ほとんどの場合で82円切手で済んでしまうでしょう。

 

他にも、長4封筒は「カードの転売」などでもよく使われるらしいです。カードの転売であれば、大体5枚〜6枚封筒に入れても、82円で収まりますよ。

 

長4封筒の配達に関する疑問

最後に、長4封筒の配達に関してのいくつかの疑問をまとめて、こちらのページを締めくくりたいと思います。

 

長4封筒の色の選び方は?
白無地の和封筒はすべての手紙に使えます。

 

封筒の色のマナーに関しては、様々なものがあります。例えば、仕事の事務的な書類は茶封筒などのルールがありますが、手紙であれば白無地の和封筒がおすすめです。

 

ただし、「重なる」という意味があることから、二重の和封筒に関しては、お悔やみの手紙に使用しない点に注意です。

 

長4封筒の宛名の書き方や切手を貼る位置は?
切手を貼る位置は左上で統一です。

 

切手を貼る位置は、郵便番号横の空白の部分に貼っていきます。

 

また、宛名書きは以下のように書いていきます。

 

縦書きの場合、数字は漢数字で書く必要があります。英数字だと、数字がわかりにくいという配慮から、漢数字で書いていきますよ!

 

速達の場合は、郵便番号の上に赤いラインを引いておきます。ポストから送ったとしても、速達扱いになりますよ。

 

まとめ

今回は、長4封筒の切手代の料金表を作っていきました。基本的に、重要な書類を郵送する際は、郵便局から郵送することをおすすめします。

 

自身で測ることももちろんできますが、一番確実なのが、局員さんに切手を貼ってもらうことでしょう。郵便物等はマナーの差が出やすい部分なので、間違いが起こらないように注意したいですね。

 

では、今回のまとめになります。

 

今回のまとめ
①長4封筒の切手代は82円or92円
②速達や簡易書留などはオプションサービス
③速達は280円、簡易書留は310円で利用できる
④一番確実なのは、局員さんに切手を貼ってもらう方法
スポンサーリンク
おすすめの記事