この時期になると、大量発生する「カメムシ」。カメムシは普段から臭いを発しているわけではなく、主に身に危険を感じた時に発生させます。

 

この臭いが非常に厄介で、激臭を放つものになります。カメムシの臭いは自己防衛やフェロモンを出すという意味合いがあり、意味のあるものなのですね。しかし、人間にとっては、カメムシの臭いがついた時、どうしても嫌な気持ちになってしまいます。

 

今回は、カメムシの臭い対策として、服や部屋についた臭いの消し方について解説をしていきます。では、はじめていきましょう。

 

スポンサーリンク

カメムシの臭いの消し方とは!服や部屋に付いた臭いの対処法

カメムシの臭いがみなさんの手や体、服、部屋についた場合はどのような消し方をすればよいのでしょうか?それぞれの場合に分けて、対策法を紹介していきます。

 

カメムシの臭いが手に付いた場合の対処法

手についたカメムシの臭いの消し方
①石鹸で洗えば取れることが多い
②楽なのは「食用油」を使う消し方
③食器用洗剤もおすすめ

カメムシの臭いが手についた場合、以上の2つの消し方を試しましょう。

 

まず、石鹸で洗う方法ですが、これはかなり一般的な方法ですよね。カメムシの強烈な臭いは、石鹸を使用すれば大体のところまで落とすことは可能です。ただ、かなりしっかりと洗わなければ落とすことができないため、時間と体力は必要になるでしょう。

 

そこで、臭いの消し方として有効活用できるアイテムが「食用油」となります。後述してありますが、カメムシの臭いは「親油性」を持っています。親油性とは「油に溶ける成分」というもので、油と一緒にカメムシの臭いを落とすことが可能です。

 

この方法であれば、サラダ油やオリーブオイルを手に塗り、それを洗って落とすだけなので、非常に簡単でしょう。

 

また、「食器用洗剤」もおすすめです。こちらは、「界面活性剤」という成分がカメムシの臭いを落とす役割を持ちます。界面活性剤は、「親油性と親水性」の2つを持ち合わせています。

 

カメムシの臭いを油分に溶け込ませ、浮かして落とすという消し方で、こちらも良い方法ですね。

 

 

カメムシの臭いが服についた場合の対処法

服についたカメムシの臭いの消し方
①界面活性剤入りの洗剤or食器用洗剤を使用
②太陽にさらし、よく乾かす

服についたカメムシの臭いに関しては、界面活性剤入りの洗濯洗剤か、食器用洗剤を使用していきましょう。最近は、界面活性剤不使用の洗濯洗剤も増えてきましたが、ほとんどの洗濯洗剤に界面活性剤が使用されています。

 

つまり、界面活性剤の入った洗剤で洗えば、多くの場合で落とすことが可能。

 

また、洗った服は、太陽のもとでよく乾かすようにしていきます。これは、カメムシの臭いの「揮発」を促すもので、太陽の元でしっかりと乾かすことで、多くの場合でカメムシの臭いは消えてくれますよ!

 

今回、食用油を使用する消し方を紹介しないのは、服に「油染み」を作る可能性があるからです。手と同じ要領で食用油に浸して洗うという方法は、絶対におすすめできませんので、注意しておきましょう。

 

カメムシの臭いが部屋に付いた場合の対処法

部屋に付いたカメムシの臭いの消し方とは?
①カメムシを捕獲した場所で「柑橘系洗剤」を使用する
②1週間程度待つ

最後に、カメムシの臭いが部屋に付いた場合の対処法をお話します。カメムシの臭いが部屋に充満している場合、対処はかなり難しいとお考えください。

 

最初のポイントとして、「カメムシを捕獲した場所」を知っておく必要があります。カメムシは「身に危険を感じた時」にあの強烈な臭いを発生させます。つまり、捕獲した場所が臭いの発生源である可能性が高いのです。

 

カメムシを捕獲した場所を覚えているのであれば、「洗剤」を利用していきます。

 

まず、界面活性剤を含んだ洗剤を利用することで、カメムシの臭い自体を消すことは可能です。そして、効果的に臭いを消すのであれば、「柑橘系」の洗剤を使用しましょう。

 

これは、掃除の業者も用いている消し方で、効果的にカメムシの臭いを消すことが可能となります。

 

ただ、カメムシを捕獲した場所を覚えていないのであれば、「1週間待つ」という最悪の選択を取ることになります。この場合、積極的に換気をするようにしてください。

 

カメムシの臭いは「危険信号」です。カメムシの臭いが充満した部屋には、カメムシは寄ってきませんので、換気をして空気の通りを良くしておきましょう。

 

部屋でカメムシを発見したときの対処法!

ここまでで、カメムシの臭いの消し方については、理解していただけたかと思います。基本的に、カメムシの臭いは「食用油」「界面活性剤入りの洗剤」を使用して、消していきます。ただ、「部屋に充満した臭い」に関しては、対処が難しいこともわかりましたね。

 

そこで、部屋でカメムシを発見した際、臭いを発生させずにカメムシを殺虫する方法をお話していきます。カメムシの嫌な臭いを発生させずに対処するなら、「冷凍殺虫剤」を使用しましょう。

 

 

冷凍殺虫剤はカメムシに危険信号を出させる前に、冷凍をして殺すことができます。この方法であれば、カメムシの臭いを発生させることもありませんので、試してみてください!

 

カメムシを家に寄り付かせない方法

最後に、もっと根本的なお話をしていきます。

 

みなさんは、カメムシが家に入ってこない方法をご存知でしょうか?カメムシは、2mmの隙間があれば部屋に入ってこれることで有名。また、服にもくっついているため、侵入を阻止することが難しいのです。

 

しかし、部屋に寄り付かせないという方法ならば、侵入をある程度阻止することが可能。

 

そこで、「木酢液」というアイテムを使用していきます。木酢液とは、一言で言えば「農薬」です。ただ、人体に影響は無く、害虫対策として、植物に使用されるアイテムですね。

 

この木酢液を、染み込ませたタオルをベランダにかけておくと、カメムシが寄り付かなくなります。網戸にスプレーで吹きかけても効果があり。木酢液は、木材を炭で焼いたような臭いがしますが、カメムシの臭いよりは数倍マシでしょう(笑)

 

木酢液の良いところは、カメムシ以外の害虫も寄り付かせないことです。あの臭いが苦手な動物が多いようですね。

 

 ミントの臭いは....

カメムシの対策として良く使用されるアイテムが「ミントの虫よけアイテム」です。カメムシはミントの臭いが苦手で、こちらも効果はあります。しかし、すべてのカメムシや害虫に効果があるわけではありませんので、木酢液のほうが使いやすいアイテムですね。

 

まとめ

今回は、カメムシの臭いが服や部屋に付いてしまった場合の消し方について解説をしていきました。

 

カメムシの臭い対策には様々な方法がありますが、カメムシを発見した場合は、カメムシを驚かせないように対応していきましょう。冷凍殺虫剤などが手元にあるならば、臭いを発生させずに対応することが出来ます。

 

また、カメムシを捕獲した場所を覚えておくことで、対策の難しい部屋の臭いにも対応が可能です。落ち着いて退所していきたいですね。

 

では、まとめをしていきましょう。

 

今回のまとめ!
【カメムシの臭い対策グッズ】
・食用油:体についた場合
・洗剤:界面活性剤が入っているもの
【カメムシの臭いが体についた時の消し方】
・石鹸(意外に大変)
・食用油(簡単)
・洗剤(簡単)
【カメムシの臭いが服に付いた時の消し方】
・洗剤(界面活性剤入り)
・太陽でよく乾かすこと(揮発性を利用)
・油染みの恐れがあるため「油」は使わない
【カメムシの臭いが部屋に充満した時の消し方】
・カメムシを発見した場所を覚えておく
・洗剤で消していく
【カメムシ対策法】
・冷凍殺虫剤で臭いを出させずに対処できる
・木酢液はカメムシ以外の害虫にも効果抜群
スポンサーリンク
おすすめの記事