コスパ最強と言われ、毎年非常に人気度の高いINGNI(イング)の福袋。

たくさんの服が入っており、次の日からコーデを作ることができるなど、充実した内容になる福袋です。

そんなINGNI(イング)の福袋ですが、人気ということもあって、競争率も高めの模様。

 

今回は、INGNI(イング)の福袋に関して、予約開始日や中身のネタバレ情報などをまとめていきます。

また、競争率はどれくらいなのか?並ぶ時間はどれくらいが良いのか?などについても触れていきますよ!

 

スポンサーリンク

INGNI(イング)の2019年福袋の予約など販売情報

はじめに、イングの2019年の福袋に関して、予約開始日や発売日などの情報をまとめていきます。

その他、競争率などについても触れていきましょう。

まずは、以下の枠で大まかな内容をまとめておきました。

 

イングの福袋の販売情報
発売日:1月1日〜(店舗による)
値段:10800円(税込)
予約開始日:2018年11月下旬〜12月上旬
予約場所:公式オンラインショップ
競争率:高

INGNI(イング)の福袋は、1月1日より発売。

ただ、多くの店舗の初売りは1月2日なので、店舗によって変わってきますね。

 

値段は10800円

中身は総額で40000円〜50000円相当になっているようです。

(年によってバラツキがあります。)

 

 

INGNI(イング)の2019年福袋の予約情報

イングの予約に関しては、店頭で行うことができません。

ネットショップにて、予約を受け付ける形になっています。

以下、今年度のイングの予約情報になります。

 

INGNIの福袋の予約情報
・近鉄パッセ 11月28日(火)21:00~
・フラッグショップ12月6日(水)10:00~ 
・ZOZOTOWN 12月6日(水)12:00~ 
・マガシーク・dファッション 12月11日(月)0:00~ 
・ファッションウォーカー・モバコレ 12月11日(月)12:00~ 

基本的に、12月上旬に予約は終わってしまいます。

抽選ではなく、早いもの勝ちのスタイルになっていますので、チャンスを広げるために準備をしておきましょう。

 

ただ、この中で「予約しないほうが良いショップ」があります。

それが、「ZOZOTOWN」です。

ほとんどのショップは1月1日に着くか、遅くとも2日までには着きます。

 

しかし、ZOZOTOWNに関しては、福袋の発送が非常に遅いということで、毎年かなり不評となっています。

ZOZOTOWNの発送は、だいたい1月3日〜4日です。

毎年、1月5日頃にしか届かないという点で、かなり不評。

いつも使っているZOZOTOWNですが、この時期は避けたほうが良いかもしれませんね。

 

INGNI(イング)の福袋の競争率について

INGNI(イング)の福袋の競争率に関しては、冒頭でも触れたように、なかなか高いものとなっています。

特に、店頭販売では朝方から並ぶところも出ており、100個程度しか用意されていないことから、争奪戦が起きる形ですね。

 

ただ、オンラインショップの予約を上手に利用すれば、競争率も緩和されていきます。

先程、予約の欄でも確認しておきましたが、予約できるオンラインショップは5個以上ある形ですね。

何度かチャレンジすれば、確実に福袋を購入することができます。

 

昨年は福袋の中身に大きな差異はなく、構成は同じだったので、どこで購入しても条件は一緒でした。

店頭では、並ばなければ購入できない店舗もあるようなので、オンラインショップで事前に確保しておくのがコツ。

ただ、中には発送の遅いオンラインショップもありますので、注意が必要ですね。

 

INGNI(イング)の福袋の中身をネタバレ

では、最後にイングの福袋の中身をネタバレしていきます。

2019年の福袋の中身はまだ判明していませんので、今後追記していきます。

 

ここからは、2018年以前の福袋の中身を見て、ある程度の中身を予想していきましょう。

福袋の中身は似たものになる傾向があるため、今年の傾向を掴んでおきたいですね。

 

INGNI(イング)の2018年福袋の中身

 

大体、4万円〜5万円分の服が入っている福袋となっていました。

「お得感」や「コスパ」という面では、非常に好評の福袋でしたが、「鬱袋」だったという人もいました。

 

ガーリースタイルの服から大人っぽい印象のものも入っており、「一着も着れる服がない」ということは、まずありえないでしょう。

アウターも入っていることから、即戦力でも活躍できる中身となっていましたね。

 

INGNI(イング)の2017年福袋の中身

 

2017年の福袋は、非常に好評で「大当たり」とつぶやく方が多かった印象。

大人っぽい印象の服も多く、シンプルなデザインの服が多かったことから、好評を博したようです。

やはり、例年通り10点〜11点もの服が入っており、新年から春先まで活躍する福袋となっていました。

 

2018年よりも好評でしたので、年によっても当たり外れがあるのかもしれません。

 

INGNI(イング)の2016年福袋の中身

2016年の福袋も非常に好評でした。

基本的に、カジュアル&シンプルのものが多く入っていて、使えないものが少ないという点が魅力的な福袋となっていました。

 

ただ、2016年は購入した店舗ごとに大きなバラツキがあって、ランダム性のある内容となっていたようです。

 

まとめ

今回は、INGNI(イング)の福袋に関して、発売日や予約情報、ネタバレなどについてまとめました。

コスパ最強の福袋で、使いやすいものが多いINGNI(イング)の福袋。

 

2018年は賛否両論でしたが、例年どおり行けば、2019年も良いものとなるでしょう。

当サイトでは、新年のネタバレ情報を追記していきますので、追って更新していきます。

スポンサーリンク
おすすめの記事