会社でのやり取りに関して、現代はメールでのやり取りが非常に多くなっています。相手とのやり取りに関しても、メールでのものが多いでしょう。しかし、書類関係は現在でも手紙で郵送することが多いです。

 

書類関係の郵送では様々なパターンがありますが、中でも混乱しやすいものに「返信用封筒」があります。返信用封筒は、簡単に言うと、「相手に送り返してもらうために同封する封筒」のことを言います。

 

就活や会社でのやり取りでよく使用するものですが、返信用封筒のマナーをよく知らない!という方も多いのではないでしょうか?今回は、返信用封筒を同封する際の「切手のマナー」について解説します。

 

切手の金額はいくら?返信用封筒を同封する際に切手を貼らないのはマナー違反なの?速達で送ってほしい場合はどうする?という疑問をまとめていきます。では、はじめていきましょう。

 

スポンサーリンク

返信用封筒の切手の値段はいくら?

返信用封筒とは言っても、実際は普通の封筒なので、日本郵政グループが指定している切手の値段を支払うことになります。切手の金額に関しては、封筒の大きさと重さによって金額が変わってくるので要注意。

 

返信用封筒の大きさと重さによって、料金が変わってくるのですが、大きさについては「定形郵便」、「定形外郵便」の2種類があります。

 

種類 封筒の大きさ
定形郵便
長さ:14~23.5cm、幅:9~12cm、厚さ:1cm以内
定形外郵便(規格内)
長辺:34cm以内、短辺:25cm以内、厚さ:3cm以内

 

まずは、返信用封筒の大きさが「定形郵便」なのか、「定形外郵便」なのかを判断しましょう。この大きさによって、返信用封筒に貼る切手の金額も変わってきます。後ほどお話しますが、サイズが「定形郵便」であっても、重さが50gを越えてしまうと、「定形外郵便」に変わりますので、こちらも注意しましょう。

 

郵便物は「大きさ」に加え、「重さ」によっても料金が変わります。返信用封筒に書類を入れてみて、その重さを量りましょう。そして、その重さによって、適切な切手の金額を貼るようにします。

 

<定形郵便>

重さ 切手の金額
25g以内 82

 

まず、返信用封筒として最も使用される「定形郵便」の封筒について。こちらの切手の金額は以上のとおりです。また、重さが50gを越えた場合は、定形郵便ではなく、定形外郵便に金額が変わります。

 

<定形外郵便>

重さ 切手の金額
〜50g 120

 

一番確実なのは返信用封筒に書類を入れた状態を作り、郵便局で重さを量ってもらうことです。そうすれば、返信用封筒の切手の金額を間違えることはありません。

 

返信用封筒を使用するシチュエーションは、重要な場合が多いです。取引先や就活の時に使用することが多いため、切手代を間違え、料金不足の状態で先方に届いてしまうことが無いようにしたいですね。

 

スポンサーリンク

 

切手は事前に貼らないのはマナー違反?

返信用封筒を同封する際、切手を事前に貼らないのはマナー違反に当たるのでしょうか?

 

解答としては、返信用封筒には切手を貼っておくものです。例えば、切手を貼らないで、封筒に一緒に入れておくとします。切手を貼らないで入れておくと、相手方に切手を貼ってもらう必要が発生してしまいます。

 

こうなると、相手方に手間を与えることになるため、マナー違反になってしまうのです。つまり、同封する返信用封筒に関しては、切手を貼り、相手は封筒に書類を入れるだけの状態にしておきましょう。

 

 【参考】返信用封筒が送られてきた場合

今回は、返信用封筒を送る側の知識ではありますが、疑問も多い「届いた側」の知識も参考に載せておきます。返信用封筒が送られてきた場合、返信用封筒に切手を貼る必要はありません。多くの場合、切手が貼られていると思います。

 

ただ、迷ってしまうのは、「企業から送られてきて、切手が貼られていない場合」です。これは、切手を貼る部分を見ればわかると思いますが、特別な封筒を使用しており、既に郵送料金が支払われている状態になります。つまり、この場合も切手を貼らなくても良いのです。

 

 

返信用封筒を速達で送ってほしい場合の対処と金額について

ここまでで、返信用封筒に関する切手の金額や切手を貼るのか?について解説します。最後の項目として、返信用封筒を速達で送ってほしい場合の対処法をまとめていきます。

 

返信用封筒を速達で送ってもらうという行為はマナー違反に当たるのか?といいますと、マナー違反では無いと考えられます。一見、「早く送ってください」という意図や相手を急がせてしまうという意味合いがあるため、マナー違反ではないか?と思われますよね。

 

しかし、お互い事情が合ってのことなので、送る側がきちんと配慮をすることで、マナー違反には当たらないと考えられています。では、その配慮とは何でしょうか?

 

それは、「速達の手続きを済ませておき、相手が送るだけの状態にしておくこと」です。これで、マナー違反は回避することが可能です。続いては、返信用封筒を速達にする方法を解説します。

 

返信用封筒を速達にする手続き

返信用封筒を速達にするには、以下の2つを完了する必要があります。

 

返信用封筒を速達に!
①切手を280円プラスする
②赤い線を入れておく

この2つを行っておくことで、返信用封筒が速達で返ってくるようになりますよ。では、それぞれについて簡単に解説をしていきましょう!

 

①返信用封筒の速達料金は?

速達の料金は基本の郵送料金に加えて、以下の金額をオプション料金として支払います。

 

重さ 料金
250gまで +280円(基本料金に加算)
1kgまで +380円(基本料金に加算)

 

250gを超えることはなかなかないと思いますので、大抵の場合は【基本料金+280円】の切手を購入しましょう。

 

  (例)定形郵便で重さが45gの場合

・定形郵便送料:92円

・速達料金:280円

→372円分の切手を貼り、送付する。

 

②赤い線を入れておく

速達にする場合、画像のように「赤い線」を入れておきます。この線を貼り、速達料金分の切手が貼ってあれば、自動的に速達になりますので、必ず線を入れておくようにしましょう。

 

 返信用封筒を早く送り返してほしい場合

返信用封筒に速達の文字を入れることは前提とします。ただ、相手方の返送が遅ければ、期日までに届かない可能性があります。そこで、返信用封筒と一緒に、「申し訳ありませんが、◯◯日までに受け取りたいため、ご配慮よろしくおねがいします」という手紙を入れておくと良いでしょう。

 

まとめ

今回は、返信用封筒の切手の金額はいくら?という疑問や、返信用封筒に切手を貼らないで送るのはマナー違反なのか?速達の場合はどうなのか?について解説しました。

 

返信用封筒の扱いは相手に迷惑をかける可能性もあるため、きちんと準備をしておく必要があります。特に、切手の貼り忘れや速達で送ってほしい場合の対処については、きちんと知っておく必要があるでしょう。

 

返信用封筒は、お互いが配慮を持ちながらやり取りをするため、きちんと知識を付けておきたいですね。では、まとめてに入ります。

 

今回のまとめ
【返信用封筒の切手の金額】
①定形郵便と定形外郵便で金額が変わる
②重さでも料金が変動する(金額に関しては表をチェック!)
【返信用封筒のマナー】
①切手は事前に貼っておくこと
②返信用封筒を送り返す場合は切手を貼らなくても良い
③速達にする場合は、速達の料金分プラスした切手を購入する
④速達の場合は郵便番号の上に「赤線」を入れておく

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事