就活やビジネス関連で良く使用するものに「返信用封筒」があります。これは、社会人の方や就活生の方には馴染みの深いアイテムだと思いますが、会社関係以外だと、あまり使用しないように思われます。

 

返信用封筒に初めて触れる機会が、就活のエントリーシートという方も多いのではないでしょうか?返信用封筒は意外にマナーが細かく、こちらから同封する場合でも、返信する場合でも守るべきマナーがあります。

 

今回は、そんな返信用封筒に関して、返信をする側の対処法やマナーを解説していきます。返信用封筒の返信の仕方について、宛名は御中にするのか?様にするのか?など細かいルールを紹介していきます。

 

では、はじめていきましょう。

 

スポンサーリンク

今回の要点

まずは、当ページの要点から紹介していきます。

 


「御中」or「様」のマナー

  • 返信用封筒を返信する場合、「行」や「宛」を書き換える必要がある
  • 部署や担当→「御中」に書き換えて返信
  • 個人名→「様」に書き換えて返信
  • 「行」や「宛」は二重線で消し、横or真下に書き換えること

 

「裏書き」のマナー

  • 返信する場合は返信用封筒の裏に住所と名前を書く
  • 郵便番号以外は、漢数字を使用すること

 

「〆」のマナー

  • 返信に「〆」や「封」は必要
  • 個人宛の際は、「〆」を付けないほうが良い

 

添え状のマナー

  • 返信用封筒の返信に添え状は必要なし
  • 返信用封筒の返信は、必要書類以外何も入れない

 

以上、今回の要点です。下記、詳細な情報も入れていますので、お時間がある方はチェックしてみてください!では、はじめに「御中」や「様」への書き換えについて解説していきます。

 

 

返信用封筒の返信!「行」消し方と書き換え

届いた返信用封筒の返信の仕方として、「御中」や「様」への書き換えは必須のマナーとなります。みなさんの手元にある返信用封筒の宛名には、「行」や「宛」という文字が書かれているでしょう。

 

こちらは、必ず書き換えをしてから返信していきます。

 

ただ、この書き換えにも細かいマナーが存在しているため、きちんとルールを知っておきましょう。まずは、「行」や「宛」の消し方についてです。

 

「行」や「宛」を消す際には、「二重線」を用いていきます。以下、消し方を図解していますので、こちらで二重線の引き方を知っていきましょう。


  • 縦書き→縦の二重線
  • 横書き→横の二重線
  • 斜線でもOK!

宛名を消すときは、「二重線」を用いましょう。1本線では見栄えが悪く、マナー違反と取られてしまう可能性があります。

 

横書きなら横の二重線、縦書きなら縦の二重線で引くべき!と言う方もいますが、消し方にルールは決まっておらず、二重線であれば、斜線でもOKとのことですね。

 

「御中」or「様」でどっちを選ぶ?

返信用封筒の返信の際、「行」や「宛」を二重線で消していくわけですが、このあともポイントになっていきます。

 

二重線で消したあと、「御中」or「様」のどちらかで訂正をしていきます。ただ、「御中」と「様」の2つで、どちらを使っても良いというわけではありません。この部分が、少し細かいマナーになってきます。

 

「様」or「御中」のマナー

【御中】→部署や担当など「複数」

・◯◯社→御中

・◯◯部→御中

・◯◯担当→御中

 

【様】→部署の「個人」に送る

・◯◯担当 佐藤→様

「御中」と「様」は部署などの団体に送るのか?担当の◯◯さんなど個人に送るのか?で書き換えていきます。また、名前入りの押印がある場合、「様」と書き換えて、返信をしていきましょう。

 

「個人」なのか?「複数」なのか?を理解しておくことで、返信もかなり楽になりそうですね。

 

「御中」や「様」はどこに書く?

返信用封筒の返信の仕方として、御中や様に書き換える必要があることは、理解していただけたかと思います。では、御中や様の文字は、どこにかけば良いのでしょうか?

 

以下の図解をご覧ください。


  • 縦書き→「行」の左側or真下に書く
  • 横書き→「行」の右側に書く

 

 

縦書きと横書きでは、書き換える場所が違う点に注意です。また、担当者の押印が押してある場合は「行」を消し、押印の下に「様」を付けるようにしていきます。

 

これで、表書きの書き換えは完璧です。返信用封筒には切手なども貼ってあるため、これらの項目以外は手を付けないで返信するようにしましょう。

 

返信用封筒の返信!裏書きのマナーとは?

返信用封筒の返信の仕方として、次に確認したいマナーとして「裏書き」があります。返信用封筒の裏側には、「何も書かれていない」状態が普通でしょう。これは、返信用封筒を送る側のマナーとして、裏側には何も書かないというルールがあるからです。

 

そこで、返信用封筒を返信する際、こちらで裏書きをする必要があります。裏書きに何を書くのか?といいますと、もちろん「住所」「名前」ですね。

 

裏書きのマナーとしては、そこまで細かいものはありません。一般的なルールを守れば良いものになります。

 


  • 郵便番号以外は漢数字で書くこと
  • 表書きと同じ方向で書くこと
  • 日付を書いておくこと

 

裏書きは、表書きに従って書いていきます。縦書きの場合は、郵便番号を横書きに、名前と住所を縦書きにしていきましょう。表と同じ方向で書いていくことを守るだけでOKですよ!

 

注意したいのは、縦書きの時の「住所」の書き方です。ここは「数字」ではなく、「漢数字」を用いていきます。数字だと、わかりにくくなる場合があるため、漢数字を使いましょう。

 

返信用封筒の返信!「〆」は入れるの?

続いて、返信用封筒に「〆」の文字は入れるのか?についてです。基本的に「〆」は入れておくものだと考えておきましょう。

 

「〆」の他にも「封」や「緘」(かん)の文字でもOK。(「緘」の字は、主に男性が使う文字であるため、注意しておきましょう。)

 

反対に、返信用封筒に「〆」を入れないほうが良い場合も存在しています。

 

それは、「個人」に送る場合です。「人事部◯◯様」に送る場合など、「〆」の字を入れないようにしましょう。これは、「〆」や「封」がされていると「本人以外開けることができない」というルールがあるからです。

 

例えば、佐藤さんに返信用封筒を送ったとして、佐藤さんが5連休を貰っていたとします。その際、「〆」がしてあると、佐藤さん以外の人は手紙を開けることができません。

 

そして、返信用封筒が5日開封されないということが起こりかねません。この理由から、返信用封筒を個人に送る場合は、「〆」をしないでおきましょう。

 

返信用封筒の返信!添え状のマナー

最後に、返信用封筒の返信の仕方として、「添え状」について考えていきます。返信用封筒を返信する場合は、添え状などは必要がありません。

 

返信用封筒を送る側であれば、添え状を入れることもありますが、返信用封筒を返信する際には、必要書類以外のものは入れないようにしましょう。

 

これは、返信用封筒の切手に問題があります。返信用封筒には、予め切手を貼っておくものですが、書類の重さなどを量ってから、切手の金額を決めている可能性が高いです。

 

そのため、必要書類以外を入れてしまうと、重量オーバーとなってしまい、相手方に迷惑をかける可能性があります。返信用封筒には添え状などを入れる必要はなく、必要なもの以外は入れないようにしましょう!

 

まとめ

今回は、返信用封筒の返信の仕方として、宛名の書き換えや消し方、「様」「御中」のどちらを使うのか?に言及していきました。

 

返信用封筒のルールは意外に細かいため、マナー違反にならないように注意していきましょう。宛名の消し方を始め、〆は入れるのか?添え状は必要なのか?など、初めて送るときは混乱してしまうと思います。

 

就活のときなどは、こういったマナーを守れるよう、対策をしていきたいですね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事