毎年、大盛況のイベントとして「泡パーティ」、略して「泡パ」があります。泡パは「Afro&Co」が手がける泡を使ったクラブ形式のパーティのこと。楽しみ方は非常にシンプルで、泡をかけながら遊んで踊る!

 

夏には「泡フェス」や、ファミリー向け「泡パーク」など大盛況のイベントとなっています。特に、夏休みに行われる「泡フェス」は大盛況で、毎年参加者数を増やしているイベントでもあります。そして、大人の層を意識した泡イベントこそ、「泡パ」に当たるわけですね。

 

さて、そんな「泡パ」には、どんな準備が必要になるのでしょうか?今回は、泡パの日程や服装、持ち物リストを紹介していきます。また、泡パにはどんな靴で行けばよいの?という疑問やシャワーはあるのか?などの疑問についても触れていきます。

 

では、はじめていきましょう。

 

スポンサーリンク

泡パの基本情報とルール

まずは、泡パの日程や時程などの基本情報や、簡単なルールに触れていきます。はじめに、日程を見ていきましょう。

 

泡パ2018年の日程

 

泡パは2018年に5回予定されています。いずれも、OPEN23:00〜で、MAINイベントが開始されるのは24:00〜となっています。また、泡パとは別になりますが、同じ内容のイベントに「泡ハロウィン」も開催予定。泡ハロウィンは2日予定されているため、泡パ好きは年中楽しめそうです。

 

イベントは24:00〜5:00までの予定。メインフロアだけでなく、バーでもイベントが開かれているので、朝まで楽しめるイベントになりそうです。

 

泡パの料金表

女性 男性
早割 1500円 2500円
前売り 2000円 3000円
当日 2500円 3500円
ペア 3000円 4000円

 

泡パの料金としては、以上の通り。早めにチケットを購入しておいたほうが、お得に泡パを楽しむことができそうです。カップル割、ペア割を利用すれば、当日券でもお得に楽しめます。

 

ちなみに、泡パの年会費チケットも発売されます。こちらは、年会費9800円で泡パ5日分、泡ハロウィン3回分の全8回のイベントを楽しむことが可能。男女兼用であるため、特に男性は簡単に元を取ることができるため、泡パ好きは年会費で先に支払っておくと、お得でしょう。

 

泡パの基本ルールと楽しみ方

泡パは冒頭でも触れたとおり、泡をかける&踊るという楽しみ方のイベント。その場にいるだけでも楽しめますが、インスタで画像をアップしたり、知らない人と話したりと、新たな出会いを見つけるという面でも楽しみ方は無限大でしょう!

 

ただ、一つだけルールが存在します。それが20歳未満の方は入場禁止!ということ。泡パは大人向けのイベントです。お酒も提供されているため、成人していない方は入場できませんので、注意が必要でしょう。

 

ちなみに、高校生でも参加できる泡イベントに、「泡フェス」があります。夏に行われる泡イベントで、大盛況なので、成人していない方は、泡フェスをチェックしてみましょう。

 

 

泡パの持ち物リストと注意点!靴はどうする?

続いて、泡パの服装と持ち物を紹介していきましょう。いくつか注意点もありますので、きちんと確認しておきましょう!以下、泡パの持ち物チェックリストになります。それぞれの項目について、簡単に説明がありますので、そちらもしっかりとチェックしておきましょう。

 

写真つき身分証
着替え
汚れても良い服
汚れても良い靴
防水ポーチ
タオル
サングラスorメガネ

 

公式で載せられているものと若干違う点もありますので、このあとの解説も参考にしていただけるとありがたいです。

 

①写真付き身分証

免許や学生証など、写真付きお身分証がない場合は入場できませんので注意です。これは、先程紹介した「20歳以下入場禁止」のルールを守るため、年齢確認のアイテムになります。何よりも、この持ち物を忘れないようにしてください。

 

特に、泡パは時間が遅いため、終電がない可能性もあります。忘れ物をすると、取りに帰れないこともあるため、身分証だけは必須です。

 

②着替え

濡れないフロアもありますが、基本的に泡パは服が濡れるイベント。必ず着替えは用意しましょう。着替えの下に、汚れても良い服や水着を着るのもアリですね。

 

③汚れても良い服

ここが、非常に重要なポイントです。公式では「濡れても良い服」となっていますが、会場では「汚れても良い服」を着ていくようにしてください。泡パに行った方の体験談で、「白い服が黄色に変色した」、「服が変色している」という感想が多く寄せられていました。

 

泡パの泡は、人体には全く影響が無いものですが、服などの繊維によっては影響を与える可能性は否定できません。そのため、必ず「汚れても良い服」を用意するようにしてください。「捨てても良い」という覚悟で持っていくと良いですね。

 

ちなみに、女性の方は服が濡れるため「水着」を着用すると良いでしょう。服装に関しては、後ほど詳しく解説をしていきます。

 

④汚れても良い靴

服と同じ理由で、靴も汚れても良いものを選びます。そして、注意点として「サンダルはNG」ということは抑えておきましょう。会場は濡れていて、泡で滑りやすくなっています。そのため、サンダルでは入場できません。クロックスやデッキシューズはOKなので、濡れても良い&汚れても良いものを選んでください!

 

⑤防水ポーチ&タオル

会場内で、スマホを持ち歩く場合、防水ポーチに必ず入れるようにしましょう。また、濡れた時に髪や体を拭くタオルは必ず用意しておきたいですね。

 

こちらの2つのアイテムに関しては、会場に忘れてしまっても、上画像の防水ポーチが会場で販売されているため、記念に購入してみても良いですね。

 

⑥サングラス

基本的に泡パで使用される泡は、人体に影響のないものです。しかし、体質によっては、目にしみてしまうなどの影響も考えられます。そうならないように、サングラスやメガネでガードするようにします。はじめての方は特に、サングラスやメガネを用意して、万全を期するようにしましょう。

 

泡パの服装はどうする?会場の様子で確認しよう

続いて、泡パの服装について解説していきます。もう一度確認しておきますが、会場では確実に濡れますので、着替えは必ず持ち物に入れましょう。

 

泡パの服装について、女性の方の服装のお手本は以下の画像のような形です。

上:水着+シャツ

下:水着+ハーフパンツ

 

泡パはグループやペアで参加する方が多く、シャツを合わせると統一感があって、インスタにも載せやすいでしょう。また、きちんとサングラスも付けていて、腕にもアクセサリーを付けているため、お手本コーデだと言えそうです!

 

男性の方は画像が無かったのですが、全体写真で確認することができました!

 

濡れても良いシャツ+水着が基本のようです。上を脱いで、水着だけになっている方も多いですね。時間が経つに連れて、水着だけになる方が多くなるようなので、シャツが無くならないように注意しましょう。

 

また、先程も確認しましたが、素材によっては、シャツが変色する可能性があります。女性の方、男性の方ともに汚れても良いシャツを持ってくると良いですね。

 

 

泡パQ&A!シャワーはあるの?

最後に、泡パのQ&Aとして、いくつか疑問をまとめていきましょう!公式に載っているものもいくつかありますので、見比べて疑問を解決していただければ幸いです。

 

 

1人で泡パに参加できる?
参加可能ですが少数派!ペアやグループが多め

基本的に、泡パはペアやグループでの参加が多めのようです。一人でも行くことができますし、新しい友だちができる可能性もあります。ちなみに、ナンパなどは禁止されていて、即退場になりますので注意!

 

シャワーはある?
無いのでタオルで拭く

会場にシャワーはありませんので、基本的にタオルで拭いてから帰ります。つまり、タオルは必須の持ち物でしょう。ただ、会場でも可愛いタオルを買うことができますので、そちらを購入しても良いでしょう。

 

メイクは落ちる?
落ちます。終了後は乾燥するので、持ち物に保湿剤を入れると良いかも

持ち物の欄には入れませんでしたが、保湿剤や化粧水を持った方が良いでしょう。化粧に関しては、ウォータプルーフの物を使っても、落ちてしまうという方が多かったです。泡の成分によって、メイクが落ちてしまうようですね!

 

まとめ

今回は、泡パに関して、持ち物や服装について確認していきました!持ち物に関しては、忘れてはならないものに「写真付き身分証」や「着替え」などがあります。特に注意して、持ち物を確認するようにしましょう。

 

また、細かいルールなども存在しているため、ルールをきちんと確認して、全員で楽しめるイベントにしていきたいですね!

スポンサーリンク
おすすめの記事