ビジネスの資料を始め、生活の中で使用する書類などを郵送する際に使用するものといえば「A4封筒」ですよね。

A4封筒はA4用紙を折らずに入れることができるため、非常に便利なものとなっています。

 

ただ、A4封筒を初めて使用する場合、一番迷いやすいのは「切手代はいくらなのか?」という面でしょう。

切手代の料金に関しては、日本郵政グループにおいて「封筒のサイズ」と「封筒の重さ」を軸としています。

 

では、A4封筒の切手代はいくらなのでしょうか?今回は速達などで送る場合の送料も同時に紹介し、料金表を作っていこうと思います。

 

他にも、A4封筒にまつわる疑問にいくつかお答えしていきますよ。

では、はじめていきましょう!

 

スポンサーリンク

A4封筒の切手代はいくら?料金表で解説

では、さっそくA4封筒の切手代の料金はいくら?という疑問にお答えしていきましょう。

冒頭でもお話したとおり、日本郵政グループでは切手の料金を「郵便物のサイズ」と「郵便物の重さ」の2つの基準で決定します。

 

A4封筒の場合、サイズ的に「定形外郵便」として扱われており、その中で重さごとに料金が変わってくるのです。

では、A4封筒の切手代の料金はいくら?ということで、下記の料金表を参考にしていきましょう。

 

A4封筒の切手代の料金表(基本料金)

重さ 料金
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円
250g以内 250円
500g以内 380円

 

A4封筒の切手代に関して、基本料金は以上のとおりとなっています。

一般的なA4用紙の郵便物である場合、100g越えるパターンは極稀でしょう。

 

後ほど、郵便物の重さについても触れていきますが、A4用紙を送る場合は基本的に50g以内で済んでしまいます。

つまり、資料などを送る場合は、大体120円の切手を貼ると良いでしょう。

心配な場合は、140円の切手を貼っておくと確実です。

 

では、続いては速達や簡易書留などのオプションサービスの送料について、料金表を作っていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

A4封筒の速達や簡易書留などの場合の送料はいくら?料金表で紹介

郵便物を郵送する際、送料として「基本料金」がかかります。

それとは別に、速達や簡易書留などを利用する場合は「オプション料金」として、基本料金に追加される形になります。

 

つまり、速達や簡易書留などを利用する場合、「基本料金+オプション料金」の値段を見ていけば良いわけですね。

では、以下が速達や簡易書留の料金表です。

今回は、50g以内(120円)のA4用紙を送る場合の料金表も記載しておきます。

 

A4封筒の切手代の料金表(+オプション料金)

種類 オプション料金 料金(50g以下)
速達 +280円 400円
一般書留 +430円 550円
簡易書留 +310円 430円
現金書留 +430円 550円
日時指定

(平日指定)

+31円 151円
日時指定

(休日指定)

+210円 330円

 

以上が、速達や簡易書留などのオプション料金になります。

速達、簡易書留などに加えて、日時指定のオプション料金についても載せておきました。

 

通常、普通郵便は休日の配達がありません。

しかし、以上のような配送オプションを追加することによって、休日配達が可能となります。

 

例えば、休日をまたいで配送する場合、郵便物の到着が遅れる場合があるのです。

そこで、配送オプションを利用することで、休日の間でも遅れないように調節することが可能になります。

 

以上の配送サービスの中で、最もすばやく到着するのは速達です。

また、紛失補償の付く簡易書留などもおすすめですね。

 

 

 

 配送オプションの概要まとめ

速達:通常の封筒よりも優先して配達される。翌日までに確実に配達となる。

一般書留:配達から到着まですべて記録され、郵便物が壊れた場合に実損額が賠償される。

現金書留:現金を送る際の書留。お祝いやのし袋を送る際に使用。

簡易書留:一般書留よりも安価で利用でき、5万円までの損害賠償がある。

配達日指定:配達日を指定し、指定日の指定の時間帯に届くようにする

 

【参考】A4封筒とA4用紙の重さ

ここまでで、A4封筒の切手代の料金表や速達の場合の送料はいくらなのか?という知識をまとめていきました。

ただ、A4封筒と資料を入れた重さがわからない!という場合もあると思います。

 

A4封筒とA4用紙の重さについては、目安が以下のようになっています。

A4封筒とA4用紙の重さ(目安)
A4封筒:13g〜19g
A4用紙:4.3g

使用している用紙の材質などによっても重さが変わってくるため、上記はあくまでも目安となります。

A4封筒に関しては、大体の場合で19gまでの重さになりそうです。

 

つまり、A4封筒にA4用紙4枚〜5枚であれば、50g以内になります。

A4封筒にA4用紙2〜3枚であれば、確実に50g以内なので120円でOKです。

 

さて、自分で重さを量り、切手を貼る場合に気をつけたいことがあります。

それは、「切手代不足」で相手の手元に届く可能性です。

切手代不足の場合、支払いは相手がすることになってしまいます。

 

重要な書類である場合、このようなミスはしたくないですよね。

 

こういった場合、まず確実なのが「郵便窓口」から配送すること。

郵便窓口では郵便物を持っていくだけで、局員さんが重さを量ってくれますし、切手もその場で貼ってくれます。

これが最も確実な方法で、最も楽な方法なのかもしれません。

 

また、コンビニなどでも重さを量り、切手を購入することができますよ。

 

A4封筒のQ&A

最後に、A4封筒に関するいくつかの疑問にお答えして、このページを締めていきましょう。

A4封筒で郵便を送る際に、ポイントとなる部分を解説していきますよ。

 

クリアファイルを入れた重さはどうなる?
クリアファイルは20g弱です。

 

この疑問は、就活の際に出てくる疑問になります。

A4封筒にA4用紙を2枚、クリアファイルに入れるパターンですね。

 

A4封筒の材質にもよりますが、一般的なものが13g。

クリアファイルは19gが平均的です。

A4用紙は、一枚4gだと考えると.....

 

13g+19g+4g×2枚=40g

 

この計算だと、A4用紙を3枚〜4枚入れても大丈夫そうです。

 

ただ、それぞれ材質によって重さが変わってきますので、エントリーシートなどは郵便局に持参し、局員さんに量ってもらうと良いでしょう。

 

ポストから出せるの?
出せますが、厚みには気をつけましょう。

A4封筒は、横228mm×縦312mmのサイズとなります。ポストの幅は29cmということで、横幅は問題なく通るサイズとなっています。

 

ただ、厚みは4cmまでが限界。少しでも分厚いものを入れてしまうと、ポストには入れられなくなってしまいますので、注意が必要ですね。

 

まとめ

今回は、A4封筒の切手代に関して、料金表を作っていきました。速達の場合の送料などについても触れていきましたが、いかがでしたか?

 

切手代に関しては、料金不足になるとこちら側に返ってくるわけではありません。相手にそのまま送られて、相手に支払い義務が行くのです。

 

そうならないように、切手代の料金に関しては、正しいものを貼るように心がけたいですね。何よりも確実なのは、郵便局員さんに切手を貼ってもらうことでしょう。

 

では、まとめに入ります。

 

A4封筒の切手代の知識
①切手代は郵便物の重さと大きさで決まる
②A4封筒の切手代は重さによるが、大体120円〜140円が基本。
③重さに関しては、郵便局やコンビニで量ってもらえる
④速達の送料は280円。
⑤オプションサービスを使えば、休日配達も可能に
⑥A4封筒はポストから出せるが、厚みには注意すること
スポンサーリンク
おすすめの記事